メインコンテンツにスキップアクセシビリティ情報

コルカタへのフライト

コルカタとの出会いはお手柔らかにとはいきません。コルカタへのフライトが空港に到着した瞬間に、喧噪と色彩と興奮の活気あふれる世界に放り出されます。道路は人力車と黄色や黒のアンバサダー・タクシーの大群で埋め尽くされ、歩道は人でごったがえしています。フーグリー川の左右どちらの岸にいても、街の活気あるエネルギーが衰えることはありません。

「歓喜の町」と呼ばれる所以もすぐにわかります。見回せば、ビクトリア女王記念館から州政府庁舎まで印象的な植民地時代の建築物が目に入ります。多くの建物が建設当時の壮大さを留めており、コルカタが世界最大の帝国の中心地だった時代を思い出させてくれます。

1690年にイギリス東インド会社がこの地に進出し、スターナティー、ゴーヴィンドプル、カーリカタの三村を掌握しました。すぐにウィリアム要塞がフーグリー川岸に建設され、カルカッタ(旧名)はインド国内での拠点となりました。カルカッタはヨーロッパとアジアの重要な交易拠点となりましたが、同時にインド独立運動の中心地でもありました。1911年には英国が首都をデリーに移したため、コルカタは西ベンガル州の州都になりました。

コルカタのようにコスモポリタンで豊かな歴史を持つ都市では、食べ物やレストランがきわめて多彩であるのも当然です。一般的な西洋のチェーン店はもちろん、中華料理からイタリア料理まであらゆる国際的な料理も揃っています。インド各地のスタイルや味を反映したインド料理レストランも多数あります。しかしコルカタの料理界に多大な影響を及ぼしている料理といえば、ベンガル料理です。魚と野菜と豆が中心の大胆でスパイシーな味のベンガル料理は、美味であるだけでなく特色の際立つ料理です。

市内のあらゆるものがそうであるように、植民地時代の影響は宿泊施設にも色濃く反映されています。コルカタで最高級のホテルは英国領時代に建設されたもので、たとえば料金の高さから安心できるグランド・ホテル(現在のオベロイ・ホテル)はネオクラシカルな趣と緑豊かな中庭が自慢です。しかし豪華さの尺度では対極にある、ほとんど神話のようなサダル・ストリートのフェアローン・ホテル(1783年築)は旧世界の特色に満ちています。

この街が生んだ著名人には、映画界の巨匠サタジット・レイ監督や高名な詩人のラビンドラナート・タゴールなどがいます。また、博物館、美術館、映画館、劇場が多数あり、カリガートのヒンドゥーの神々の絵画から急成長するインディーズのミュージック・シーンまでコルカタの多方面の芸術分野を表現しています。

旅行のプランを練る

出発日 - 出発時間

返却日 - 返却時間

emirates.comで予約を開始して当社提携会社のCarTrawlerでスカイワーズマイルをご獲得ください。世界各地の1,700社を超えるレンタカー会社(145か国以上、50,000拠点以上)から特別料金をお選びください。

インドの目的地
インド
インドの新たな産業都市、アフマダーバードは産業と文化に恵まれ、魅力的な都市です。
インド
コチは歴史的意義を持つ都市でありながら現代的な顔も持ち、インド有数の現代アートの拠点でもあります。
インド
常夏の気候、魅惑的な文化、絶品の料理と揃えば、チェンナイがインドで旅の目的地として人気が高いのも当然です。
インド
デリーへのフライトが着陸すれば、すぐにこの街の活気あふれる息吹に魅了されます。
インド
ティルヴァナンタプラムには目に映るもの以上の魅力があります。この都市は人格を宿し、知り合いになりたいと思わせてくれます。
インド
由緒ある細い路地と高級な現代的都会が美しく混じり合う様は、ハイデラバードにあまたある魅力のひとつに過ぎません。
インド
インドの未来像を観たいなら、バンガロールは真っ先に行くべき都市です。
インド
21世紀のムンバイは、賑やかなマーケット、色鮮やかなフェスティバル、クリケット、ボリウッドの魅惑いっぱいの多様で興奮に満ちた都市です。