メインコンテンツにスキップアクセシビリティ情報
  1. ホーム
  2. 就航都市
  3. アジアおよび太平洋
  4. インド
  5. アーメダバード行きのフライト

アフマダーバードへのフライト

インド北西部グジャラート州の州都アフマダーバードの壮大で複雑な歴史を見過ごすことはできません。このクリケットを愛する大都市はインドの最大かつ最も急速に発展する都市のひとつです。

サーバルマティ川によって縦に二分され、東側の旧市街には、古くからの迷路のような街並みに興味をかき立てられるナイトマーケットや賑やかなレストランがひしめき、キャリコ染織博物館(世界屈指の手織物のコレクションを所蔵)など興味深い博物館があります。

アフマダーバードはかつて綿織物工業が盛んで「インドのマンチェスター」と呼ばれていました。今ではダールガーワード(Dhalgarwad)のマーケットに行けば、色とりどりの布地が見られます。それぞれのポール(地区)で得意とする工芸品が異なり、たとえばマドゥプラでは伝統的な靴(モージャリー)を買うことができます。

バードラの細い路地で迷子になったり、50か所あるヒンドゥー教およびジャイナ教寺院のいずれかに遭遇したり、片足を過去に踏み入れたりしながら、インドを探索しましょう。もう少し現代寄りの歴史に触れるなら、川沿いに進んで静かなサーバルマティー・アシュラムへ向かいましょう。ここはマハトマ・ガンジーがインド独立運動の拠点とした場所です。

アフマダーバードではベジタリアン料理が好まれていますが、有名なマネク・チョウク市場では様々な屋台フードが楽しめます。この市場では午後には繊細な宝飾品も売られています。この街を10月に訪れるなら、ナブラトリ祭(九夜祭)を祝うグジャラートの色鮮やかな伝統的舞踊、ガルバを見逃す手はありません。

市街の交通は、旧市街の古代の門の周りを渦巻くように発達しており、現代的なショッピングモールや、植民地時代の面影を残す街並み、国際的なホテル、高層ビル街へ行くには川を渡って西側へ行きます。近代建築の先駆者ル・コルビュジエは、アフマダーバードでサンスカル・ケンドラ美術館など深い洞察に満ちた建物を設計しました。ホテルにチェックインして荷解きを終えたら、夕暮れ時はカンカリア湖で過ごしましょう。600年前に整備された広大な人口湖で、周囲にある家族向けアトラクションで楽しめます。

旅行のプランを練る

出発日 - 出発時間

返却日 - 返却時間

emirates.comで予約を開始して当社提携会社のCarTrawlerでスカイワーズマイルをご獲得ください。世界各地の1,700社を超えるレンタカー会社(145か国以上、50,000拠点以上)から特別料金をお選びください。

インドの目的地
インド
コチは歴史的意義を持つ都市でありながら現代的な顔も持ち、インド有数の現代アートの拠点でもあります。
インド
コルカタでは退屈している暇はありません。この街のクリエイティブな精神が伝染して、きっと忘れられない印象を残します。
インド
常夏の気候、魅惑的な文化、絶品の料理と揃えば、チェンナイがインドで旅の目的地として人気が高いのも当然です。
インド
デリーへのフライトが着陸すれば、すぐにこの街の活気あふれる息吹に魅了されます。
インド
ティルヴァナンタプラムには目に映るもの以上の魅力があります。この都市は人格を宿し、知り合いになりたいと思わせてくれます。
インド
由緒ある細い路地と高級な現代的都会が美しく混じり合う様は、ハイデラバードにあまたある魅力のひとつに過ぎません。
インド
インドの未来像を観たいなら、バンガロールは真っ先に行くべき都市です。
インド
21世紀のムンバイは、賑やかなマーケット、色鮮やかなフェスティバル、クリケット、ボリウッドの魅惑いっぱいの多様で興奮に満ちた都市です。