アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

運送約款

お客様がエミレーツ航空の航空券を購入される場合、エミレーツ航空券は運送契約の一部を成します。それによりお客様が1回または複数回のフライトで移動することが可能です。その諸条件は a) 航空券の規約条件、b) 運送約款、c) 該当する運賃表、および d) 弊社の規則に基づきます。

全運送約款を見る

世界共通のお知らせ

現代奴隷法に係る声明

現代において奴隷、苦役、強制労働および人身売買は犯罪であり基本的人権の侵害です。英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)は 英国の国会制定法であり、同国における現代の奴隷問題および過去の人身売買と奴隷制度に関連する犯罪行為を追求するためのものです。

エミレーツ・グループは、人身売買防止および奴隷防止に関連する法律を含め、すべての運航国の法律を遵守しています。エミレーツ・グループは現代の奴隷を決して許容しません。そして、あらゆる事業取引、取引関係、サプライチェーンにおいて倫理的かつ誠実に行動します。

エミレーツ・グループの奴隷および人身売買防止に関するポリシー(PDFが新しいタブで開きます)

現代の奴隷に係るエミレーツの声明(PDFが新しいタブで開きます)

欧州連合に関するお知らせ

2005年2月17日に発効したEC規則261/2004により、EU国内のフライトに搭乗する乗客には、搭乗拒否、欠航時、または長時間におよぶフライトの遅延が起きた際に、一定の権限が与えられます。

お客様がこれらの通達に基づいて補償を請求する資格があるとお考えになる場合は、お近くのエミレーツオフィスにお問い合わせください。

各国の執行機関(PDFが新しいタブで開きます)

すべてのEC諸国が国の執行機関を設置しているわけではありません。

2009年5月1日から、EUは畜産物の私的なEUへの持込みに関する新たな制限を導入しました。詳細については、 欧州委員会のウェブサイト(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)をご覧ください。

EUの責任規則の概要

エミレーツでは、EC規則に基づき、顧客としてのお客様とお客様の手荷物に関する当社の責任規則について明記しています。

EUの責任規則の概要(PDFが新しいタブで開きます)

EU域内での運航を禁止されている航空会社の一覧

EU航空安全リスト(外部ウェブサイトが新しいタブで開きます)

このリストに名前がある航空会社が運航予定のフライトを予約した場合は、EC規則261/04の第8条に準拠して、このフライトに対し、お客様は料金の返済を受けるか、またはルートの変更を行う権利があります。EU規定261/04号に記載されている適格性要件がお客様のフライトに適用されますので、ご了承ください。

破産保護

エミレーツ航空はロイズの一部の保険引受人のカバーホルダーとしてInternational Passenger Protection Limited (IPP)(外部のウェブサイトが新しいウィンドウで開きます)との間で破産保護保険契約を締結しています。この保険は2018年のパック旅行およびそれに付随する旅行手配に関する規制(PDFが新しいタブで開きます)および/またはEU指令2015/2302(外部のウェブサイトが新しいウィンドウで開きます)に基づいて定義される予約済みの付随する旅行およびパック旅行の手配に関して(エミレーツ航空)に支払われた金額全額に対するエミレーツ航空の支払い不能にのみ関するものです。

当社の破産に起因するクレームの申請については、英国内のIPP(+44 (0)345 266 1872)にご連絡いただくか、またはwww.ipplondon.co.uk/claims.asp(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)からオンラインでご申請ください。

米国に関する注意事項

事前旅客情報 - プライバシーに関する注意事項

以下の米国運輸保安局(TSA)による注意事項は、アメリカ合衆国へ、または合衆国からご旅行されるすべてのご乗客の皆様に適用されます:

米国運輸保安局(TSA)はウォッチリスト(搭乗拒否リストおよび監視リスト)と照合するため、お客様にフルネーム、生年月日、性別の登録を義務付けております。これは、49 U.S.C項目114と2004年に制定された情報改革とテロ予防法、49 C.F.R Part 1540/1560に基づいた対応です。また、Redress number (レッドレスナンバー)をお持ちの方は、同じくご登録ください。フルネーム、生年月日、性別情報をご登録されていない場合は、搭乗不可、制限区域内への立ち入り禁止、となる可能性がありますので、必ずご登録ください。TSAでは、公開された記録に関するポリシーの下、法の執行機関または情報局との間で提供された情報を共有します。TSAプライバシーポリシーの詳細、または記録に関するポリシーとプライバシー影響評価の閲覧については、TSAのウェブサイトwww.tsa.gov(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)をご覧ください。

エミレーツの滑走路遅延時の緊急対策計画

エミレーツは、運航するすべての便で業界をリードするサービスを提供することで、すべてのお客様の快適性と安全性を確保するよう尽力しています。この長時間滑走路遅延時の緊急対策計画(以下「計画」)は、関連する米国運輸省(以下「DOT」)の規制に従い、長時間の滑走路遅延時にエミレーツ航空が実施する手順について記載しています。

この計画は、関連するDOTの規制に従いエミレーツが米国間で運航するすべての国際チャーター便と政府チャーター便に適用されます。この計画は、上記のチャーター便について、米国内における長時間に及ぶ滑走路遅延を含む不規則な運航が発生した場合に発動します。多くの場合、長時間の滑走路遅延はエミレーツ航空の合理的な制御が及ばない原因(気象条件、航空管制システム、政府による運航規制、空港建設事業等)によります。遅延の原因に関わらず、エミレーツはこの計画に規定する滑走路遅延時の緊急対策を実施します。

お客様への保証:

  1. この計画が適用されるすべての便で、エミレーツは米国内の滑走路への航空機の待機時間を4時間未満とし、以下に該当しない限り、乗客に降機を許可します:
    • 航空機が滑走路の所定の位置から離れて乗客を降機させる安全上または保安上の理由があると機長が判断する場合。
    • 乗客を降機させるために搭乗口または別の降機地点に引き返すことが空港の運営を大幅に中断する可能性がある旨を航空管制が機長に忠告した場合。
  2. この計画が適用されるすべての便で、エミレーツは航空機が搭乗口を離れてから(出発便の場合)または着陸してから(到着便の場合)2時間以内に十分な飲食物を提供します。ただし、安全または保安上の懸念によりこれらのサービスの実施が不可能とされる場合はこの限りではありません。
  3. この計画が適用されるすべての便で、エミレーツは航空機が滑走路に駐機している間に使用可能な化粧室設備と必要とされる場合は十分な医療サービスを提供します。
  4. この計画が適用されるすべての便で、航空機が遅延している間、30分毎に滑走路遅延の理由を含む遅延の状況について乗客に通知されます。出発予定時刻の最初の30分、およびそれ以降は30分毎に、降機が許可されている場合、搭乗口または他の降機エリアに駐機している航空機からの降機が可能であることを乗客に通知します。
  5. エミレーツはこの計画を実施するため十分なリソースを準備し活用します。
  6. エミレーツは、米国内でエミレーツが就航するすべての空港(米国内の緊急着陸空港を含む)の空港当局、米国税関および国境警備局、および米国運輸保安局(TSA)との間でこの計画を協定しています。
  7. 他の航空会社が運航するコードシェア便に関して、米国内の空港で長時間滑走路遅延が発生した場合は、その航空会社の滑走路遅延計画が適用されます。

カナダへの渡航時の注意喚起

事前旅客情報および乗客予約記録(API/PNR)プログラムに関するカナダ国境サービス庁(CBSA)からの注意喚起

CBSAは事前到着情報(税関法(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)のサブセクション107.1(1)およびIRPA(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)の148(1)(d))ならびに事前出発情報と出国記録(関税法(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)のセクション93およびEIR(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)のセクション11)を収集する権利を有します。CBASはカナダの安全またはセキュリティの脅威となる可能性がある人物を特定するために乗客の登録情報を使用します。カナダに入国する渡航者の中で上記に該当する疑いのある乗客は、ご到着時に詳細な尋問または調査の対象となる場合があります。また、CBSAは到着便の乗客がカナダへの入国に必要とされる所定の書類を所持しているか、書類要件を免除されているか、またはカナダへの入国が法的に認められているかを確認するために登録情報を使用します。出発便の乗客については、CBSAは事前出国情報のみに基づいて、カナダから出国する(または出国を意図する)危険性の高い人物または物品を特定します。CBSAの入出国記録は、入国管理、社会的利益、または法執行の目的で他の政府機関に開示される場合があります。すべての乗客はCBSAに書面で申請することにより、乗客個人について登録された入出国情報のコピーを要求することができます。登録情報に誤記があると思われる場合、乗客は情報の修正をCBASに書面で申請することができます。CBSAが乗客への登録情報の開示を不当に拒否した、登録情報の修正への対応がなかった、または登録情報を適切に処理しなかったと思われる場合、乗客はCBSAに書面で苦情を申し立てることができます。詳細はAPI/PNR、IAPI、およびAir Exitプログラムのウェブサイト(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)をご覧ください。

主要審査キオスク

6月25日より、カナダ国境サービス庁は、手書きによる税関申告フォームの代わりに、トロント・ピアソン国際空港 (YYZ) に主要審査キオスクを導入します。

ご到着前にアプリをダウンロードして、税関申告を完了いただくこともできます。

マレーシアに関する注意事項

航空機搭乗者の権利は、航空会社または保険会社のいずれから旅行保険を購入された場合であっても、マレーシア航空消費者保護規則(MACPC)の下で保護されています。MACPCの詳細については、www.mavcom.myをご覧ください。

モルディブ居住者の税控除

マレ (MLE) 出発便の航空券は、空港開発負担金と空港サービス料を含めて発券されます。これらの料金はそれぞれ25米ドル徴収されますが、モルディブ国籍保有者は税控除の対象となり、それぞれ12米ドルずつ徴収されます。モルディブ国籍保有者は当社にご連絡いただくことで、それぞれの料金につき13米ドルの還付を申請いただけます。

詳しくは、https://mira.gov.mv/forms/r834-guide-to-airport-service-charge-and-development-fee.pdf(PDFが新しいタブで開きます)までお問い合わせください。

タンザニアへの旅行者向けのお知らせ

あらゆる種類のビニール袋は、厚さに関わりなく、タンザニア本土で輸出入、製造、販売、保管、提供、および使用が禁止されています。


タンザニアへの旅行者は、スーツケースまたは機内持ち込み手荷物にビニール袋を携行することのないようにご注意ください。


ただし、医療、食品、衛生、および廃棄管理サービス用のビニール袋は許可されます。また、旅行者が旅行中に携行するものとされる旅行用洗面用具専用の「ジップロックバック」として知られるビニール袋についても許可されます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをダウンロードする