アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

ご旅行に際してサポートが必要な場合は、安全かつ快適にご旅行いただけるようにエミレーツがお手伝いいたします。空港やフライト中に必要なサポートの内容をお知らせください。上記のサポートについては、ご予約時またはご出発48前までにお知らせいください。連絡先電話番号の一覧はこちらでご確認いただけます。または、旅行会社の担当者にサポートの手配をご依頼ください。

聴覚に不自由のあるお客様の介助

予約

聴覚障がいをお持ちでご搭乗中にお手伝いが必要なお客様は、ご予約時にお知らせいただくか、またはご搭乗の数日前までに当社までご連絡ください

米国およびカナダから出発されるお客様は、エミレーツのTTY番号(1-888-3201576)をご利用いただけます。

空港で

すべての空港でチェックインから搭乗ゲートまで、また航空機から目的地への移動に、ミート・アンド・アシスト・サービスを手配させていいただくことも可能です。

空港内と出発ゲートにフライト情報の運航掲示板があります。無料のEmiratesアプリをダウンロードして、旅行中に最新のライブ渡航情報をご覧いただくこともできます。例えば、チェックイン時間、ご搭乗のお知らせ、ドバイ到着時の受託手荷物のターンテーブル番号、遅延や欠航などのフライトの変更情報が含まれます。

チェックイン時にお尋ねいただければ、お客様のフライトの遅延状況や出発ゲートの変更についてお知らせいたします。また、いつでもエミレーツのスタッフに情報をお尋ねいただけます。

機内にて

  • 安全に関するビデオはすべて英語とアラビア語の字幕付きです。一部のルートでは、安全に関するビデオに他の言語の字幕が付いている場合があります。
  • また、お客様のフライトについて安全に関する個別の説明を提供することもできます。すでにご予約されている場合は客室乗務員がお客様にご説明いたします。上記以外の場合はいつでもご質問いただけます。安全上の手順、出口の位置、機内でのサポートについてご説明いたします。
  • フライトについてお知らせがあった場合、客室乗務員が最新情報をお知らせいたします。
  • 安全上の理由により、出口がある列の座席にはお座りいただけません。

機内エンターテインメント

機内エンターテインメントの映画とテレビ番組の多くは字幕と音声ガイドが付いています。機内のヘッドフォンは、スイッチを「T」の位置にすることで、標準的な補聴器にお使いいただけます。プレイリストを作成される場合は、今月の字幕付き映画とテレビ番組をこちらからご確認いただけます。

視覚に不自由のあるお客様の介助

予約

空港内でのご案内やご搭乗中にお手伝いが必要なお客様は、ご予約時にお知らせいただくか、またはご搭乗の数日前までに当社までご連絡ください

空港で

すべての空港でチェックインから搭乗ゲートまで、または航空機から目的地への移動に、ミート・アンド・アシスト・サービスを手配することも可能です。

空港では場内アナウンスでご搭乗をお知らせします。また、いつでもエミレーツのスタッフに情報をお尋ねいただけます。

機内にて

  • お客様のフライトについて安全に関する個別の説明を提供することもできます。すでにご予約されている場合は客室乗務員がお客様にご説明いたします。上記以外の場合はいつでもご質問いただけます。安全上の手順、出口の位置、機内でのサポートについてご説明いたします。
  • 客室乗務員がメニューを読み上げ、手前のアイテムの配置をご説明いたします。
  • 安全上の理由により、出口がある列の座席にはお座りいただけません。

機内エンターテインメント

機内エンターテインメントの映画とテレビ番組の多くは場面を説明する解説放送が付いています。今月の解説放送付き映画とテレビ番組はこちらからご確認いただけます。

盲導犬を伴うご旅行

盲導犬や介助犬をお連れのお客様は無料でご同伴いただけます。ルートによっては客室内に搭乗させることができます。お手配の時間が必要とされるため、フライトの少なくとも48時間前までにお知らせください。盲導犬を同伴してのご旅行の詳細については本ページの後半をご覧ください。

移動に制限があるお客様の介助

予約

空港内や機内で移動の際に介助を必要とされるお客様は、お手伝いさせていただきます。すべての空港で車椅子を手配させていただくことが可能です。また、ご自身の車椅子または移動支援器具で旅行されるお客様もエミレーツがお手伝いいたします。ご予約の際にお知らせいただくか、またはフライト前48時間以内に当社までご連絡ください

空港で

ターミナル入口の降車場所からご搭乗口までの移動、飛行機からご到着ホールまでの移動などをお手伝いします。

空港で(日本のみ)

チェックイン・カウンターから搭乗ゲートまで、または到着ゲートから到着ロビーまで、空港内でご利用いただける車椅子をレンタルいただけます。特別なお手伝いが必要な場合、またはご自身の車椅子をお持ち込みの場合は、エミレーツ・コールセンターまたは航空券を購入された旅行会社まで事前にご連絡ください。

ご自身の車椅子または移動支援器具でのご旅行

医療機器や折り畳み式手動車椅子などの移動支援器具を2つまで機内にお持ち込みいただけます。これらの器具は手荷物許容量には含まれません。

ご搭乗前に、車椅子または移動支援器具が機内で持ち運び可能で収容できるか、また十分なスペースをご用意できるかを確認いたします。上記以外の場合、車椅子または移動支援器具を受託手荷物としてお預けいただけます。

車椅子または移動支援器具の預け入れ

車椅子または移動支援器具は寸法と重量により受託手荷物としてお預けいただけます。航空機内で安全に保管するため、適切に梱包されている必要があります。

着陸後、車椅子をお引き取りいただけるようご用意いたします。手荷物受取所で車椅子または移動支援器具をお受け取りいただけます。

電動式の車椅子と移動介助機器

一部のバッテリーの運搬に関するいくつかの追加安全規制があるため、ご搭乗前にバッテリーの種類、車椅子の寸法と重量をお伺いします。規制に従い、時間に余裕をもって安全に移動介助機器を輸送するため、空港にはご搭乗時間の少なくとも3時間前までにご到着いただくようお願いいたします。

ステッキ、松葉杖、歩行杖

ステッキ、松葉杖、または歩行杖は機内にお持ち込みいただけます。客室乗務員が安全に機内に収納いたします。

優先搭乗

優先搭乗をお申し付けいただければ、機内でゆっくりと落ち着ける時間をお取りいただけます。

機内での支援とアクセシビリティ

移動に制限があるお客様の介助

機内での収納や頭上のロッカーのご使用時の際は、客室乗務員がお手伝いいたします。また、機内を車椅子で移動される際にも客室乗務員がお手伝いいたします。

移動に不自由のないお座席

移動に不自由のないお座席をご用意いたします。お座席には可動式のアームレストが付いているため、お座席と車椅子の間を容易に移動いただけます。安全上の理由により、出口がある列の座席にはお座りいただけません。

付添人が同伴するご旅行

客室乗務員は機内の移動時にはお手伝いいたしますが、お客様を抱き上げることはできません。車椅子への移動、お手洗いでのお手伝い、パーソナルケア、お食事、投薬などのサポートがご必要な場合、付添人の方がご旅行に同伴いただく必要がございます。付添人が同伴するご旅行の詳細については本ページの後半をご覧ください。

知的または発達障がいのあるお客様の介助

エミレーツまでご連絡のうえ、お手伝いの内容をお知らせください。

航空機への搭乗または降機の際にご利用いただけるミート・アンド・アシスト・サービスを空港にて手配させていただくことも可能です。

また、空港内の標識のほか、出国審査・保安検査所、搭乗ゲートへの行き方についてもご説明いたします。静かにお過ごしいただけるエリアやラウンジなどの施設についてもご案内いたします。優先搭乗をお申し付けいただければ、機内でゆっくりと落ち着ける時間をお取りいただけます。

安全上の理由で、安全指示を理解できない、または従っていただけない場合は付添人の方にご同伴いただく必要がございます。

酸素吸入のお手伝い

貸し出し用医療用酸素ボトル

機内でご使用いただく無料の医療用酸素ボトルのご用意が可能です。フライトご出発の48時間前までに、医療フォーム(Medical Form)に必要な1分あたりの酸素流量をリットル単位でご記入のうえ、ご提出ください。

携帯用酸素濃縮機(POC)を伴うご旅行

機内での使用が承認および許可されている限り、ご自身の携帯用酸素濃縮機(POC)をお持ち込みいただけます。医療フォームにご記入いただく必要はありません。

認定済みの機種は次の通りです:

  • Airsep Focus
  • AirSep Free Style
  • Airsep Free Style 5
  • Airsep Lifestyle
  • Delphi.RS-00400
  • DeVilbiss Healthcare iGo
  • Inogen One
  • Inogen One G2
  • Inogen One G3
  • Inogen One G4
  • Inova Labs LifeChoice
  • Inova Labs Lifechoice Activox
  • International BiophysicsのLifeChoice
  • Invacare Solo2
  • Invacare XPO2
  • Oxlife Independence
  • Oxus RS-00400
  • Oxywell Oxygen System (model 4000)
  • Precision Medical EasyPulse
  • Respironics EverGo
  • Respironics SimplyGO
  • S8 AutoSetSpirit
  • SeQuel Eclipse
  • eQuinox Oxygen System (model 4000)
  • SeQuel SAROS
  • VBOXのTrooper

携帯用酸素濃縮機(POC)を伴うご旅行前に

座席内蔵の電源につなぐことができないため、お乗り継ぎ時間や不測の遅延を考慮して、フライト中に必要とされる十分な数のバッテリーをご用意ください。

以下の条件を満たす場合、その他の携帯用酸素濃縮機を受託手荷物としてお預け入れいただけます。

  • 酸素は空で、圧力がかかっていないこと
  • バッテリーが取り外され、別に梱包されている、または、
  • POC内に埋め込み式のバッテリー端子が装着されており、梱包済みのバッテリー端子が他のバッテリー端子などの金属部分に接触していないこと。

POCを使用する旅行について医師の診断書を持参していること

アラブ首長国連邦民間航空総局(GCAA)の規制により、渡航日にチェックインされる際に医師の署名済みの診断書を持参いただく必要があります。

POC機器を使用する場合に必要となる医師の診断書例はこちらからダウンロードいただけます。

この書面に記入すべきことは以下のとおりです。

  • 機器から音声や画像による警告が出たときに、その内容を見て、聞いて、理解した上で、介助がなくても適切に対処できる身体的および知的能力がある旨
  • 旅行中を通して、またはその一部で、酸素を使うことが医学的に必要か否か
  • 通常の飛行状態における機内の気圧に応じた最大酸素流量。

PAPまたはCPAP機器、酸素吸入器および人工呼吸器を伴うご旅行

特別なお手伝いの必要がない限り、医療フォームにご記入いただくことなく、PAP(気道陽圧)機器またはCPAP(持続性気道陽圧)機器をフライト中に使用いただけます。上記の機器は受託手荷物制限の対象外です。

  • 上記の機器は承認された寸法と重量に準拠し、通路を遮ることなく、客室内に安全に収容できるものである必要があります。
  • お乗り継ぎ時間や不測の遅延を考慮して、フライト中に必要とされる十分な数のバッテリーをご用意ください。ただし、PAPおよびCPAP機器は座席の電源に接続いただけます。
  • 上記の器具は航空機の地上走行時や離発着時を除き、常時ご利用いただけます。
  • 安全上の理由により、出口がある列の座席にはお座りいただけません。

PAPおよびCPAP機器用バッテリーのお持ち込み

  • 完全に充電したスペアバッテリー2つを安全に梱包のうえ、機内にお持ち込みください。機器は座席の電源をご利用いただけますが、フライト中を通してご利用いただける保証はございません。
  • バッテリーは埋め込み式のバッテリー端子などの短絡防止仕様のものをご利用いただくか、または別のバッテリーの端子などの金属部分に接触しないように梱包いただく必要があります。
  • お持ち込みになられるCPAP/PAP機器を機内ではお使いにならないのであれば、電池を取り外し、別に梱包してください。

付添人または医療補助者を伴うご旅行

頭上のロッカーからの荷物の取り出し、または機内での移動の際は客室乗務員がお手伝いいたします。ただし、客室乗務員はお客様を持ち上げたり、パーソナルケアや投薬のお手伝いをすることはできません。

その他の支援がご必要な場合は、付添人または医療補助者のためのお座席をご予約いただく必要がございます。

快適で安全にお過ごしいただくため、次の場合は付添人にご同伴いただく必要があります:

  • 安全指示を的確に理解し、それに対応することができないお客様。
  • 自力で航空機から避難できないお客様。
  • 聴覚および視覚に深刻な障がいをお持ちで、客室乗務員と意思疎通を行う手段がないお客様。
  • 飛行中にストレッチャー(担架)、保育器、または医療上の配慮を必要とされるお客様。

追加の医療補助が必要とされる場合、または医療上の配慮が必要なお客様は、ご搭乗の48時間前までに医療フォームに必要事項をご記入ください

盲導犬または介助犬を伴うご旅行

盲導犬や介助犬をお連れのお客様は無料でご同伴いただけます。ルートにより、客室内にお連れいただくか、または航空機の貨物室内の特別なエリアに貨物としてお預けいただけます。

客室内への盲導犬または介助犬の同伴

介助犬と盲導犬は、欧州連合(EU)加盟国からドバイへの直行便、または、ドバイを発着する米国およびカナダ便の客室内に搭乗させることができます。介助犬と盲導犬は、欧州連合(EU)加盟国と米国間の便およびオーストラリアとニュージーランド間の便のルートで客室内にご同伴いただけます。介助犬または盲導犬を機内にお連れの場合、通路や非常口を遮ることなく快適にご搭乗いただく必要がございます。安全上の理由により、出口がある列の座席にはお座りいただけません。

貨物としての盲導犬または介助犬の預け入れ

アラブ首長国連邦の規制では、ドバイ着のその他のすべてのルートでは盲導犬または介助犬を貨物として預け入れることが規定されています。貨物へは無料でお預けいただけます。エミレーツ・スカイカーゴの世界クラスのアニマルケア・チームが、盲導犬または介助犬がフライト中に安全・快適に過ごせるようにお世話いたします。

予約

盲導犬または介助犬をお連れの場合はフライトの48時間前までにお知らせください。渡航前に盲導犬または介助犬に必要とされる健康診断をすべて受診し、渡航許可を取得している必要があります。これには多少時間を要する場合があります。エミレーツにご連絡いただければ、お手配の方法についてご説明いたします。

ご意見対応スタッフ

エミレーツのご意見対応スタッフ(CRO)が、米国発着便にご搭乗中にアクセシビリティや障害関連規制に関するご質問、トラブル、またはご意見にご対応いたします。

CROは、米国、ミラノ・マルペンサ (MXP)、アテネ、およびドバイの出発エリアに待機しています。

エミレーツのサービスに関するご質問やご意見をお持ちのお客様は、CROにお話しください。CROの対応にご満足いただけない場合は、米国運輸省の下記のいずれかの連絡先にお問い合わせいただくことができます。

航空消費者保護課(Aviation Consumer Protection Division)のホットライン(フリーダイヤル)

CROによるお客様の問題解決にご満足いただけない場合:

1-800-778-4838(音声)

1-800-455-9880(TTY)

航空消費者保護課(Aviation Consumer Protection Division)

当社のサービスに関しての苦情:

202-366-2220(音声)

202-366-0511(TTY)

以下宛に郵便でご連絡ください:
航空消費者保護課(Air Consumer Protection Division, C-75)
US Dept of Transportation
1200 New Jersey Ave., SE.
Washington, DC 20590

米国運輸省の『Final Rule on Non-Discrimination on the Basis of Disability in Air Travel』は、米国に行き来するフライトに適用されます。

この規制のコピーは、米国運輸省のウェブサイトから利用しやすい形式で入手いただけます。

このサービスは、エミレーツが運航していないコードシェア便ではご利用できません。詳細は、お客様のフライトの航空会社にお問い合わせください。