エミレーツとフライドバイ

エミレーツとフライドバイ

250か所以上の目的地へのお乗り継ぎ

フラドバイのネットワークに容易にアクセスいただけます。エミレーツの路線網を通じてフライドバイの目的地に容易にお乗り継ぎいただけます。

エミレーツ航空の目的地からのご出発でフライドバイ便にお乗り継ぎになる場合、お手荷物を最終目的地までお届けいたします。また、フライドバイの乗継便の搭乗券もお渡しいたします。

フライドバイの目的地からのご出発でエミレーツ便にお乗り継ぎになる場合、お手荷物を最終目的地までお届けいたします。フライドバイ便のチェックイン時、または第2ターミナルのフライドバイ乗り継ぎデスクにて、エミレーツの乗り換え便の搭乗券をお受け取りになり、第3ターミナルにお進みのうえご搭乗ください(乗継便により条件が異なる場合がございます)。

エミレーツの手荷物制限と手数料(発生する場合)がコードシェア便の全旅程に適用されます(フライドバイが最初のセクターであっても)。エミレーツ・スカイワーズのプラチナ、ゴールド、シルバー会員の手荷物許容量がフライドバイの区間に適用されます。

ターミナル3にご到着後、シャトルバスにお乗り換えになり、ターミナル2の乗継便出発ゲートに直接移動していただけます。

ドバイ国際空港(DXB)第3ターミナルより運航のフライドバイ便

2018年12月2日より、下記の目的地へのフライドバイ便は、ドバイ国際空港(DXB)第3ターミナルより運航いたします。

  • ベオグラード (BEG)
  • ビシュケク (FRU)
  • ブカレスト (OTP)
  • カターニア (CTA)
  • ヘルシンキ (HEL)
  • クラクフ (KRK)
  • ミネラーリヌィエ・ヴォードィ (MRV)
  • プラハ (PRG)
  • ロストフ・ナ・ドヌ (ROV)
  • サラーラ(SLL)
  • ザグレブ (ZAG)

その他のフライドバイ便はすべて、引き続きドバイ国際空港(DXB)第2ターミナルより運航いたします。

エミレーツとフライドバイ

エミレーツ・スカイワーズとフライドバイ

フライドバイのフライトでスカイワーズマイルとティマイルを獲得いただくには、次回のemirates.comでのご予約の際にエミレーツ便とフライドバイ便のフライトを同時に予約ください。

エミレーツ・スカイワーズ・シルバー、ゴールド、またはプラチナ会員のお客様はフライドバイの乗継便でいくつかの特典をご利用いただけます。その中には、フライドバイ・ビジネスクラス・チェックイン、追加受託手荷物許容量、ボーナス・スカイワーズマイル、手荷物の優先お引渡しが含まれます。


規約条件

  • エミレーツ・スカイワーズ会員は、エミレーツのコードシェア便(エミレーツが販売し、フライドバイが運航する便名EKのエミレーツ便)でスカイワーズマイルとティアマイルをご獲得いただけます。
  • エミレーツ・スカイワーズ・ゴールド会員またはプラチナ会員のお客様は、ドバイ国際空港第3ターミナルよりエミレーツ・フライドバイ便にてご出発の際、コンコースB、Cにあるエミレーツ・ラウンジを無料でご利用いただけます。
  • エミレーツ・スカイワーズ・ゴールド会員またはプラチナ会員のお客様は、エミレーツの目的地よりフライドバイ便にてご出発の際、世界各国におけるエミレーツ・ラウンジおよびパートナー・ラウンジを無料でご利用いただけます。
  • エミレーツ・スカイワーズ・ゴールド会員またはプラチナ会員のお客様は、エミレーツとフライドバイの目的地よりフライドバイ便にてご出発の際、エミレーツとフライドバイのラウンジ、およびエミレーツとフライドバイのパートナー・ラウンジを無料でご利用いただけます。
  • ご予約の際、またはフライトのチェックイン時に、エミレーツ・スカイワーズ会員番号をお知らせください。
  • フライト前に会員番号をお知らせいただかなかった場合、有効なフライトの終了後6か月以内にエミレーツ・スカイワーズへマイル申請フォームを使用してフライト情報を送信することにより、マイルの付与をご請求いただけます。
  • 特典をご利用いただくには、フライドバイのカウンターでチェックインされる際にエミレーツ・スカイワーズ会員証をご提示いただく必要があります。
  • エミレーツ・スカイワーズ・プログラムの規則が適用されます

エミレーツとフライドバイ

アフリカ

コード
コンゴ民主共和国 キンシャサ** キンシャサ(FIH)
ジブチ ジブチ JIB
エリトリア アスマラ ASM
スーダン共和国 ハルツーム* KRT
スーダン共和国 ポートスーダン PZU
ソマリア ハルゲイサ HGA
南スーダン ジュバ JUB
タンザニア ダルエスサラーム* DAR
タンザニア キリマンジャロ JRO
タンザニア ザンジバル ZNZ
ウガンダ エンテベ* EBB

*この路線は、エミレーツとフライドバイによって運航されています。
**ドバイ−エンテベ-キンシャサ路線。エンテベ−キンシャサ間の第5の自由権。

エミレーツとフライドバイ

中央アジア

コード
アルメニア エレバン EVN
アゼルバイジャン バクー GYD
アゼルバイジャン ガバラ GBB
ジョージア州 バトゥミ BUS
ジョージア州 トビリシ TBS
カザフスタン アルマティ ALA
カザフスタン アスタナ TSE
カザフスタン シムケント CIT*
キルギス共和国 ビシュケク FRU
タジキスタン ドゥシャンベ DYU
トルクメニスタン アシガバート ASB
*2018年12月28日より運航開始予定

エミレーツとフライドバイ

ヨーロッパ

コード
ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエボ SJJ
ブルガリア ソフィア SOF
クロアチア ドゥブロヴニク DBV
チェコ プラハ* PRG
フィンランド ヘルシンキ HEL
イタリア カターニア CTA
モンテネグロ Tivat TIV
ポーランド クラクフ KRK
マケドニア共和国 スコピエ SKP
ルーマニア ブカレスト OTP
スロバキア ブラチスラヴァ BTS
トルコ イスタンブール - サビハ・ギョクチェン* SAW
ロシア連邦 クラスノダール KRR
ロシア連邦 サマラ KUF
ロシア連邦 カザン KZN
ロシア連邦 マハチカラ MCX
ロシア連邦 ミネラーリヌィエ・ヴォードィ MRV
ロシア連邦 モスクワ - シェレメチェボ SVO
ロシア連邦 モスクワ - ヴヌーコヴォ VKO
ロシア連邦 ロストフ・ナ・ドヌ ROV
ロシア連邦 ウファ UFA
ロシア連邦 エカテリンブルク SVX
セルビア ベオグラード BEG
ウクライナ キエフ IEV
ウクライナ オデッサ ODS
*この路線は、エミレーツとフライドバイによって運行されています。

エミレーツとフライドバイ

中東

コード
バーレーン バーレーン* BAH
イラン エスファハーン IFN
イラン Lar LRR
イラン マシュハド* MHD
イラン シーラーズ SYZ
イラク バグダッド* BGW
イラク バスラ* BSR
イラク エルビル EBL
イラク ナジャフ NJF
イラク スライマーニーヤ ISU
ヨルダン アンマン* AMM
クウェート クウェート* KWI
レバノン ベイルート* BEY
オマーン マスカット* MCT
オマーン サラーラ SLL
サウジアラビア ダンマン* DMM
サウジアラビア ジェッダ* JED
サウジアラビア メディーナ* MED
サウジアラビア リヤド* RUH

*この路線は、エミレーツとフライドバイによって運航されています。

エミレーツとフライドバイ

西アジア、極東、インド洋

コード
アフガニスタン カブール* KBL
インド アフマダーバード* AMD
インド チェンナイ* MAA
インド デリー* DEL
インド ハイデラバード* HYD
インド コーチ* COK
インド ラクノウ LKO
インド ムンバイ* BOM
インド ティルヴァナンタプラム* TRV
ネパール カトマンズ KTM
パキスタン ファイサラーバード LYP
パキスタン カラチ* KHI
パキスタン ムルタン* MUX
パキスタン クエッタ UET
パキスタン シアールコート* SKT
スリランカ コロンボ* CMB

*この路線は、エミレーツとフライドバイによって運航されています。

エミレーツとフライドバイ

重要事項

エミレーツ航空のチケットによるフライドバイ便との相互乗り継ぎ

一部の区間をフライドバイが運航するエミレーツ便の航空券を購入された場合、以下の点にご注意ください。

予約の変更

エミレーツでご予約いただいた旅程に変更がある場合は、エミレーツオフィスでお手続きいただく必要があります。お近くのエミレーツオフィスにお電話ください。

チェックインと手荷物

最初に搭乗するのがエミレーツ便の場合、チェックイン時に最終目的地までの搭乗券をお渡しします。手荷物をチェックインされる場合は、最終目的地までお預かりします。ドバイでいったんお受け取りいただく必要はありません。

一方、最初にフライドバイ便を利用する場合は、ドバイ到着後、エミレーツ乗り継ぎデスクで接続便にチェックインし、搭乗券をお受け取りいただく場合もございます。この場合、手荷物を空港職員に提示し、エミレーツ便の搭乗券と対応づけてもらう必要があります。

エミレーツの手荷物制限と手数料(発生する場合)が全旅程で適用されます(フライドバイが最初のセクターであっても)。エミレーツ・スカイワーズのプラチナ会員、ゴールド会員、シルバー会員の手荷物許容量がフライドバイの区間に適用されます。

ドバイでのお乗り継ぎ

ドバイでは、エミレーツは第3ターミナル、フライドバイは第2ターミナルを利用します。エミレーツ便で到着し、フライドバイ便にお乗り継ぎの場合は、Fゲートまでバスで移動していただく必要がございます。順路が掲示されています。