機内手荷物規約

すべてのお客様の快適性と安全のために、機内に持ち込まれる手荷物は規約と制限に合致したものである必要があります。

制限はお客様のご利用路線、ご利用クラス及びエミレーツ・スカイワーズ会員のティアにより異なります。 お客様はエミレーツの手荷物制限の計算機能を利用して、どれだけの手荷物をお持込いただけるか正確に確認することができます。

機内手荷物許容量

一般的に、お客様が持ち込むことが可能な量はどのクラスでフライトをご利用されるかによって異なります。

ファーストクラスとビジネスクラスのお客様は、2つの機内持ち込み手荷物:ブリーフケース1つに加え、ハンドバッグあるいはガーメントバッグのどちらか1つまでお持ち込みいただけます。 ブリーフケースは、45 x 35 x 20cm(18 x 14 x 8インチ)未満、ハンドバッグは55 x 38 x 20cm(22 x 15 x 8インチ)未満、ガーメントバッグはたたんだ状態で厚さ20cm(8インチ)未満とします。 1個あたりの重量は7kg(15lb)を超えないものとします。

エコノミークラスのお客様は、55 x 38 x 20cm(22 x 15 x 8インチ)未満で、重さが7kg(15lb)を超えない手荷物を1つお持ち込みいただけます。

ご注意: インドからご搭乗されるお客様は、手荷物1つを機内にお持ち込みいただけます。 許可される持ち込み手荷物の大きさは合計115センチまたは45.3インチ(縦+横+高さ)未満です。

ご注意: ブラジル発着の便をご利用のお客様は、10kg(22lb)以内の手荷物を1つお持ち込みいただけます。

また、酒、たばこ、香水等の免税品は、全クラスで適量まで許可されています。 しかしながら、液体に関しては、複数の空港で保安制限上、品物が検査を通過しないこともあります。 液体類の持ち込み制限に関する詳細。

幼児連れでご旅行されるお客様

幼児を連れてご旅行されるどのクラスのお客様も、サイズが55 x 38 x 20cm(22 x 15 x 8インチ)未満で、重量による制限を受ける路線では10kg(22lb)未満、個数による制限を受ける路線では23kg(50lb)未満の手荷物を1つ追加することができます。

さらに、チャイルドシートをお持ちでない幼児連れでご旅行のお客様は、客室内にスペースがある場合に限り、携帯用ベビーべッドまたは完全折り畳み式ベビーカーをお持ち込みいただけます。 客室内にこれらを置くスペースがなければ、受託手荷物扱いにする必要があります。 ただし、受託手荷物扱いにする場合は、手荷物制限の個数の対象外とさせていただきます。

液体の持ち込み

液体類の制限は、世界の他の空港同様、ドバイ国際空港から、または同空港で乗り継ぎされるすべてのお客様に適用されます。

オーストラリア、ニュージーランドを含む特定の国へのフライトでは、液体、エアゾール、ジェル状のものについて搭乗口で追加の検査が行われます。以下の手荷物検査規定に従っていない品目は没収されます。

この検査により、フライト前に免税店でご購入された液体類や機内販売でご購入された商品を、通常の手荷物としてはお持ち込みいただけない場合がありますのでご注意ください。

これらの制限が適用される国を目的地とする、または経由するお客様がドバイ国際空港でご購入された商品は、密封してご利用の航空機に別途お届けし、最終目的地に到着した時点でお受け取りいただけます。

お客様が機内に持ち込む液体が国際規定に従ったものであることを保証するために、以下の方法で包装され輸送されることを確認してください。

  • すべての液体、ジェル状のもの、エアゾール、ペースト状のもの、ローション、クリーム、飲料、及び類似した堅さの品目は容量が100ml未満の容器に入れなければなりません。 100mlを超える手荷物容器は、たとえ満杯に入っていない場合でも持ち込みは認められません。
  • これらの容器は、最大容量が1リットルを超えない透明のジッパー付きビニール袋に入れなければなりません。 大きなバッグ、または包んであるサンドイッチバッグのようなジッパーのないバッグは、認められません。
  • 容器は、完全に閉じられる透明なビニール袋内にゆとりをもって詰められている必要があります。
  • お客様は保安検査時に、目視検査のためにビニール袋を提示する必要があります。 お一人につき、1つのビニール袋のみ持ち込みが許可されます。
  • 薬、ベビーミルクまたは離乳食、及び規定食には、特例が与えられることがあります。しかし、お客様はこれらの品目の性質を適切な方法で証明する必要があります。

液体の持ち運びに関する詳細は、手荷物規約および液体類に関するよくある質問を参照してください。

スポーツ用品および楽器

スポーツ用品及び楽器には、他の機内手荷物と同じ大きさと重量の制限が課せられます。 しかしながら、有料にてお座席をご購入いただくことで輸送することも可能です。

楽器を輸送する際は、一定の条件及び制限が適用されることにご注意ください。 これらの条件の確認をご希望の場合や、楽器の輸送に関してご質問がある場合は、エミレーツまでお問い合わせください

モーター付きの乗り物は機内にお持ち込みいただけません

安全上の理由で、ホバーボード、ミニセグウェイ、スマートまたはセルフバランス・ホイールは機内にお持ち込みいただけません。 これらの品目は大型リチウム電池を使用しているため、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としてもお預かりできません。 この規則は、これらの品目の機内持ち込みが許可されている航空会社からの乗り継ぎの場合にも適用されます。

制限品目および危険物

国際規制に従い、乗客の安全を確保するため、機内手荷物として持ち込める物品にはいくつかの制限があります。

人に傷害を負わせる恐れがあるなど、安全上問題のある物品は、受託手荷物としてお預かりします。機内手荷物として持ち込むことはできません。 該当する物品は、受託手荷物としてお預かりできるよう、IATA危険物規則及び関係するエミレーツ航空の規則に従い、適切に梱包してください。

該当する物品としては、例えば次のようなものがあります。

  • 兵器(おもちゃを含む)
  • 武器、弾薬
  • 爆発物、または爆発物を含有するもの(花火、爆竹など)
  • 刀剣類 (種類、形状、大きさを問わず)
  • ペーパーナイフ
  • 金属製の刃物
  • ゴム銃
  • 安全かみそり、西洋かみそりの刃
  • 工具類
  • ダーツ(投げ矢)
  • はさみ
  • 爪やすり
  • 皮下注射器および注射針(医療上必要であり、携行しなければならない旨の診断書が提出されている場合を除く)
  • 編み棒
  • コルク抜き
  • レーザー・ポインター

危険物は、お客様の健康や安全に害を及ぼす品目または物質として分類されています。 これらの品物の輸送は民間航空規則により規制されており、通常はいくつかの例外を除き、持ち込み手荷物の中にも受託手荷物の中にも入れることができません。

エミレーツ航空では、花火や火薬を含有する品目、たとえばクリスマス用クラッカー、爆竹、打ち上げ花火、花火、線香花火の、機内への持ち込み、および受託手荷物としてのお預かりを禁止しています。

危険物ガイドを参照して、危険物に分類される品目、お手荷物に含めることのできる品目、空港で申告する必要のある品目をご確認ください。 警備員が押収した物品に関する規定は、運送約款(第8.3.6項)を参照してください。

米国へのフライト

2017年3月25日以降、ドバイ国際空港から米国へ直行便でご出発のお客様は、スマートフォンより大きな電子機器を飛行機の客室内にお持ち込みいただけません。 詳細は、電子機器の機内持ち込み制限 に関するよくある質問をご覧ください。

機内持ち込み医療機器

エミレーツのフライト上で、ある一定の医療機器の使用は認められています。認められている器具と制限に関する詳細は健康特別なご要望のページをご覧下さい。

機内手荷物の置き場所

すべての機内手荷物は前の座席の下か、または頭上にあるロッカーに収納してください。 手荷物は足元、通路または非常口の前には置くことができません。