ご出発の前に

エミレーツでの空の旅を、安全で快適なものにしていただけるよう、お客様および医療従事者のための以下の情報をご確認ください。

セクションに進む実践的なご提案セクションに進む予防接種
セクションに進むマラリアセクションに進む妊娠中のご旅行
セクションに進む新生児をお連れのご旅行セクションに進む特別なお手伝いを必要とされるお客様
セクションに進む健康状態セクションに進む旅行者向け医療キット

実践的なご提案

  • 治療、帰国費用、特に危険を伴う休暇、スキー、ダイビングに対して十分な補償を行う旅行保険にご加入ください。
  • 上手な荷造りを心掛けましょう。筋肉を傷めるおそれがあるため、非常に重いスーツケース1つにまとめるよりは、2つの軽いスーツケースに分ける方が好ましいとされています。一部の国では、荷物として持ち運べる物に安全上の制約がある場合があります。
  • 手荷物に常備薬を入れる場合は、処方箋と、お客様が健康上の理由で治療中である旨を記した主治医による文書を必ず携行してください。これは、税関でのトラブルを防ぐためです。
  • 入国先の国に特定の薬物に関する重要な規制がないことを確認してください(UAE入国時のコデイン、日本入国時の偽エフェドリンをはじめとする覚醒剤など)。
  • 飛行機に乗る前の夜には十分な睡眠を心掛けてください。時差ぼけに伴うストレスや諸症状の軽減に効果があることが分かっています。
  • 機内の環境や渡航先に合わせて、快適で適切な服を着るようにしてください。
  • 搭乗手続きや出国審査を考慮し、空港へは十分な余裕を持って到着されるようにしてください。エミレーツでは、フライトを定刻に出発させるため、お客様には出発予定時刻の45分前に搭乗ゲートに到着されるようお願いしております。
トップに戻る

予防接種

多くの旅行者は子供の頃にワクチンを接種されていますが、追加接種や新たな予防接種が必要となる場合があります。ご出発の4~6週間前(出発直前に旅行が決まった場合はさらに短くてもかまいません)には、かかりつけ医にワクチン接種が必要かどうかを相談するか、またはエミレーツのワクチン接種要件検索をご利用ください。旅行には、ワクチン接種記録を携行してください。

トップに戻る

マラリア

渡航先がマラリアの危険地域でないかどうかを確認し、必要に応じてかかりつけ医からマラリア予防薬の処方を受けることを検討してください。

渡航先がマラリアの危険地域であるかどうかの確認については、米国疾病予防管理センターのワールドワイド検索マップ(外部のウェブサイトが新しいタブで開きます)をご覧ください。

トップに戻る

妊娠中のご旅行

妊娠中のご旅行を計画され、妊娠29週目に入られたお客様は、適切な資格を持つ医師または助産師の署名が入った診断書か文書が必要です。この中には、以下の項目が記載されている必要があります:

  • 単胎妊娠であるか多胎妊娠であるかの確認
  • 妊娠経過が順調であること
  • 出産予定日
  • お客様が旅行可能な期日
  • 現在健康であること
  • 現在把握している限りでは、飛行機に搭乗できない理由はないこと

有効な診断書を所持しなければ、ご旅行を安全に終えられるかが疑われる場合に、ご搭乗が受け付けられない可能性があります。

合併症等の問題がない単胎妊娠の場合は36週を過ぎてから、合併症等の問題のない多胎妊娠の場合は32週を過ぎてから、エミレーツの医療部門によって許可が得られた場合に限り、ご搭乗が許可されます。許可を得るには、MEDIF(Medical information For fitness To TRAVEL)フォームのご提出が必要です。

渡航先の国の医療施設が、起こり得る全ての問題に十分に対応できるかどうかを検討してください。海外でのストレスによる早産などの可能性を考え、補償が十分な旅行保険に加入されることを強くお勧めいたします。妊娠中は、遠隔地へのご旅行は避けられた方が賢明です。

一部の国では、その国の国民以外の妊娠女性の入国を制限している場合があります。疑問をお持ちの場合は、該当国の領事館や大使館にお問い合わせになることをお勧めいたします。

妊娠中に重い物を持ち上げることは避ける必要があります。お手荷物には十分配慮してください。

妊娠中のお客様向けの標準診断書をダウンロードする(PDF形式)

トップに戻る

新生児をお連れのご旅行

生後7日以内の飛行機でのご旅行は、承認されたMEDIF(Medical information For fitness To TRAVEL)フォームを所持され、緊急治療目的の移動の場合を除き、許可されません。

MEDIFフォームをダウンロードする(PDF形式)

トップに戻る

特別なお手伝いを必要とされるお客様

車椅子でのご旅行や、医療機器のご使用を必要とされるなど、特別なお手伝いを必要とされるお客様への情報につきましては、特別なお手伝いを必要とされるお客様のページをご覧ください。

トップに戻る

健康状態

糖尿病、ぜんそく、心臓病、てんかんをはじめとする慢性疾患の既往症や持病があるお客様は、旅行中の健康を維持していただけるように以下の対策手順をお読みください。

  • 少なくともご旅行の4~6週間前には主治医にご相談ください。主治医は、お客様の体調が良好に保たれていること、必要な処方箋が最新のものであることを確認する必要があります。
  • 主治医に対し、現在の健康状態と、具体的な薬や服用量を含めた通常の治療内容を記述した文書を依頼してください。
  • 常時服用している薬については、必ず十分な量を手荷物に入れて携行してください。エミレーツではお客様のために薬剤を冷蔵することはできません。そのような薬剤は冷却バッグまたは魔法瓶に入れて、温度を低く保ってください。
  • 最新の予防接種を受けて、予防接種カードは必ず携行してください。
  • 健康保険の補償内容に、帰国費用も含めた海外旅行が含まれていることを確認してください。
トップに戻る

旅行者向け医療キット

以下のリストは、ご旅行に携行すると便利な医療関連品目です。お客様の旅行日程、行動計画、既往歴に基づき、このリストをご自分の状況に合わせてお使いください。薬局およびトラベル・クリニックでは、既成のキットが手に入る場合があります。

  • ご自身が常用されている薬(海外に持ち出す全ての薬物には、医師の文書が必要です)
  • ワクチン接種証明書
  • 医療費を補償する旅行保険
  • デジタル体温計
  • 鎮痛剤(パラセタモール、アスピリン、イブプロフェン)
  • 制酸薬
  • 局所消毒薬/抗生物質
  • 抗ヒスタミン剤
  • 包帯、絆創膏
  • 虫除け
  • 抗マラリア薬(処方されている場合)
  • 日焼け止め
  • 経口補水液
トップに戻る