アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

安全な飲食

新鮮に見えるおいしい食べ物にも、病原菌が付着していることがあります。旅行中を元気に過ごすためにも、以下のガイドラインに従ってください。

  • 食べ物に触れる前は、石鹸と水で手を洗いましょう。
  • 食器やナイフ、フォーク類が清潔かどうか確認しましょう。
  • 中まで熱くなっている、十分に火が通ったものを食べるようにしましょう。
  • 調理後すぐに食べるのが最も安全です。料理後しばらく置かれていたものや、屋台などで買った食品は、傷んでいる可能性が高くなります。
  • 水道水で薄められている可能性があるフレッシュジュースよりも、瓶詰めや缶詰の飲み物を選ぶようにしてください。
  • 飲み物に氷を入れないでください。氷は水道水で作られていることが多く、地域によっては水道水が汚染されている場合があります。
  • サラダや果物は、水道水で洗われている場合、やはり汚染の可能性があります。常に最も望ましいのは、完全に調理されているか、皮をむいた食品だけを食べることです。

虫や動物に対する注意

虫や動物に噛まれると痛いだけでなく、アレルギー反応を引き起こしたり、病気に感染するおそれがあります。また、中にはマラリアや狂犬病のような病気が蔓延する場合もあります。旅行中は次の簡単なルールを守って、虫や動物に噛まれないよう気を付けてください。

  • 窓に網戸の付いた宿泊施設に泊まってください。
  • 肌が露出している部分には、虫除けを塗ってください。
  • 寝る前に、部屋のベッドにノックダウン剤または残留性殺虫剤を使用してください。
  • 日没時から日の出までは、屋外での活動を避けてください。
  • サソリ、ヘビ、クモなどが見つかる場所では、靴を履く前に中を確認してください。
  • 動物に近付いたり、動物と遊んではいけません。

時差ぼけ

タイムゾーンを隔てた土地に旅行すると、旅先の時間帯と体内時計のずれが、時差ぼけと呼ばれる症状を引き起こします。しかし、体には自身の体内周期を旅行するタイムゾーンごとに約1日でリセットする機能があります。ほとんどの人は、西に向かって旅行する(1日が長くなる)方が東に向かう(1日が短くなる)場合より時差ぼけの影響が少なくなります。時差ぼけは、旅行前の睡眠時間が十分でないと症状がひどくなることがあります。


最も一般的な時差ぼけの症状は、疲労、頭痛、不眠、食欲の減退です。時差ぼけに治療法はありませんが、症状を軽減するには、少なくとも眠る4時間前からカフェインが含まれる飲み物を控えて睡眠を妨げないようにしてください。


タイムゾーンを越えて旅行する際に体内時計をリセットするには、目的地に到着した初日はゆっくり休んで、現地の人と同じように生活してみましょう。

  • 東向きに飛行機に乗った場合は、到着後の朝は太陽の光を浴びながら散歩しましょう。日光によって、体内時計がより速くリセットされます。
  • 旅行先の食事時間に合わせて食事をし、午後4時以降はカフェインを控えます。
  • 旅行先の時間帯に合わせて睡眠を取るようにし、疲労が激しい場合は日中に短時間の昼寝をします。
  • 普段どおりの食事を軽めに摂ります。炭水化物や牛乳などの食品は睡眠を促進し、たんぱく質を多く含む食品は覚醒を促します。
  • アルコールは睡眠を促進することもありますが、レム睡眠が少なくなり、通常の睡眠パターンが乱されることがあるため、避けるのが一番です。

スキューバダイビング

航空機の客室の高度は一般に1800~2500メートルになるため、海抜ゼロと比較すると、減圧症を発症する危険が高くなります。

  • ダイビング計画には安全幅を確保し、余裕をもって行動してください。
  • 体調がすぐれないときは、ダイビングを中止してください。
  • 最後に潜ってから帰国便の出発時刻までは、少なくとも12時間空けてください。1日に2本以上ダイビングを行った場合は、減圧症を防ぐために、飛行機に乗るまでの時間をさらに空ける必要があります。