アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

ドバイ砂漠保護

在来種を保護し、元々の生息地である砂漠に戻す活動

当プロジェクトは、ドバイ砂漠保護区(DDCR)から始まりました。エミレーツは、危険にさらされている砂漠環境とさまざまな絶滅危惧種を保護するために、ドバイ政府と協力してこの保護区を設置しました。DDCRはUAEで公式に保護されている最初の保護区でもあります。自然保護区としてその状態を守ることのみを目的とした規約や環境法が制定されています。

DDCRは225平方キロメートルの広さを誇り、これはドバイ領土全域の約5%に相当します。また、環境保全に基づいた高級リゾートもあります。アラビアオリックスなど絶滅の危機に瀕している大型哺乳類種をいくつか保護する他に、DDCRは地元の科学研究や保全の取り組みに大きく貢献しています。

DDCRからの観光収益の100%が環境と野生生物の保護に使われていますが、エミレーツは生態学者と野生生物の専門家で構成される専任保護チームも支援しています。

ドバイ砂漠保護区(DDCR)(新しいウィンドウが開きます)の詳細をご覧ください