アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

エミレーツ航空のクリケット・スポンサー後援

スポーツを通じて、アジア、オーストラリア、UKがつながる

クリケットは、アジア、オーストラレーシア、英国に及ぶクリケット代表国やエミレーツの主要ルートネットワークの点で強力な相乗作用を生み出し、当社がファンやコミュニティとつながる強力な地盤となっています。

国際クリケット評議会

エミレーツは国際クリケット評議会(ICC)の誇りあるパートナーとして、ICCのすべての主要なトーナメントへの権利を持っています。これにはICC男子クリケット・ワールド・カップ、ICC女子クリケット・ワールド・カップ、男子T20ワールド・カップ、女子T20ワールド・カップ、ICC19歳以下クリケット・ワールド・カップ、ICC男子T20ワールド・カップ最終予選、ICC男子クリケット・ワールド・カップ最終予選が含まれます。ICCのパートナーシップは、ICCアンパイヤおよびレフリー・パネルの公式キットにも表されています。

エミレーツは2002年以降、ICCアンパイアのエミレーツ・エリート・パネルの主要スポンサーです。パネルは世界中で開催されるテスト・マッチ、ワン・デイ・インターナショナル、T20インターナショナルの審判員団体として結成されました。その名前を世界に知らしめ、メディアを通じて世界中のクリケットファンの耳目を集めるブランド活動に加え、エミレーツはICCのグローバルパートナーとして、審判員を世界中の試合会場に運んでいます。

ダーラム・カウンティ・クリケット・クラブ

ダーラム・カウンティ・クリケット・クラブとのパートナーシップは2010年に始まり、エミレーツはワン・デイ・クリケットのチーム、「ダーラム・ダイナモ」の公式シャツ・スポンサーになりました。この提携により、ダーラムのリバーサイド・スタジアムの命名権契約も締結したため、「エミレーツ・リバーサイド」という名称になりました。

ダーラム・ダイナモはトウェンティー20形式の試合にも強く、近年イギリスで人気が高まっています。ダーラム・カウンティ・クリケット・クラブとの提携により、イギリス全体、特にニューキャッスルからの便が毎日発着する、イングランド北東部のクリケット・ファンに存在感を示すことができるようになりました。

また、当社はダーラムCCCとランカシャーCCC両チームがのイングランド トウェンティー20リーグで競い合ったダーラム・ランカシャー・エミレーツ・トロフィーを立ち上げました。

ランカシャー・カウンティ・クリケット・クラブ

2013年、エミレーツ航空は10年間のスポンサー契約を結び、イングランドで最も歴史ある第一級のクリケット会場の一つであるオールド・トラッフォードの正式な命名権を持つ提携航空会社になりました。この画期的な命名権のスポンサーシップにより、エミレーツ・オールド・トラッフォードは、世界的なスポーツ、会議、イベント、音楽の施設となり、世界各地から多くの観客が訪れています。

世界的に有名なこのクリケット会場は150年以上の長きにわたりランカシャー・カウンティ・クリケット・クラブの本拠地でした。命名権のスポンサーシップに加え、エミレーツは2015年に初めてタイトルを獲得したランカシャーのナットウェストT20ブラストチームのユニフォームスポンサーにもなりました。