カナダへのフライト

カナダへのフライトは、3,500万人の親しみやすい人々を始め、ホッケーや静けさに満ちた風景との出会いへとあなたを誘います。

フライトの検索

Clear departure airport dropdown link
Clear arrival airport dropdown link

カナダへのフライト

カナダは、あらゆるものがとても大きな国です。 国の総面積は世界第2位で、大陸部分だけでも第4位です。 米国のすぐ北の国に住む3,500万人の人々は、その広大な土地に誇りを持っています。 カナダ各地に降り立つと、おおらかでこだわらない、過ちに寛大で、気の利いた言い回しを好み、よく笑う地元の人々に歓迎されるでしょう。 壊れた車を修理する時も、旅行客に目的地までの案内を頼まれた時も、問題を自分で解決するのに慣れたたくましい人々でもあります。 「やればできる」という精神で国がまとまっているのです。

最も人気の高いトロントは、オンタリオ州の州都で、住人の出身国が非常に多様な都市です。 チャイナタウン、グリークタウン、リトル・イタリー、ポルトガル人街、リトル・インディアなどのエリアがあり、どのエリアにも独自の活気に満ちたコミュニティ、食べ物、伝統があります。 もちろん、素晴らしいレストランもあります。

アートギャラリー・オブ・オンタリオ(AGO)、トロント王立音楽院、トロント・アイランド・パーク、ホッケーの殿堂など、その他にも魅力的なスポットがたくさんあります。

フランスの影響が色濃く残るケベックの州都、モントリオールも、外すことのできない旅行先です。 モントリオールの見どころには、ノートルダム聖堂、聖ジョゼフ礼拝堂、モントリオール・カナディアンズなどがあります。 可能なら、カナディアンズ対トロント・メープルリーフスのホッケーの試合を観戦してみてください。北米のスポーツの中で最も熾烈な戦いの1つです。

西海岸にはバンクーバーがあります。この都市は、世界で最も住みやすい都市のランキングにしばしば登場します。 行動派にとってすばらしい旅行先です。 2010年冬季オリンピックの開催地であり、スキー、サーフィン、その他あらゆる種類のスポーツを楽しめます。

カナダ行きのフライトに関する重要事項

カナダへご出発の前に

米国およびカナダへのフライトでは、適用される手荷物許容量が異なります。 エコノミークラスは1個あたり23kgキログラム以内の手荷物を2個まで、ファーストクラスとビジネスクラスは1個あたり32kgキログラム以内の手荷物を2個までお預けいただけます。

ファーストクラスとビジネスクラスのお客様には、70都市以上で無料送迎サービスをご利用いただけます。 ご自宅、会社、ホテルから空港まで、また空港ご到着後は目的地までお送りいたします。

ビザ要件

一部の国では、ご旅行前にビザをご用意いただく必要がございます。 目的地の最新のビザ要件をご確認ください。

空港情報

世界の空港はそれぞれ異なるため、ご出発前に目的地に関する有用な情報をご確認ください。 世界の空港のエミレーツオフィスを検索していただけます。

米国、英国、カナダへのフライトでは、機内持ち込み手荷物に関する安全対策が強化されています。 携帯電話、タブレット、ノートパソコンなどの電子機器は、機内に持ち込む前に電源を入れる必要があります。

ドバイ・ストップオーバー

ストップオーバー・パッケージをご予約になり、旅の途中でドバイの魅力に触れてください。 ビザ、送迎、ホテルの手配はエミレーツがご用意いたしますので、ドバイの滞在時間を最大限にお楽しみいただけます。

レンタカー予約

レンタカーをご予約に追加できるため、ご旅行計画のすべてを1か所で管理できます。 フライトをご予約にならなくても、世界各地の提携企業が用意している特別料金をご利用いただけます。