アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ
EK sign on golf course

エミレーツのゴルフ・スポンサー後援

ヨーロピアンツアー

ヨーロピアンツアーはトップ選手が集うゴルフ大会の一つで、ヨーロッパと全世界で大会を主催しています。 

エミレーツは過去10年間ヨーロピアンツアーの公式エアライン・パートナーを務め、国際スケジュールに組み込まれた14大会や「レース・トゥ・ドバイ(Race to Dubai)」シリーズを後援しています。

香港オープン

エミレーツ航空は、欧州ツアーに組み込まれたアジアの大会、UBS香港オープンの公式パートナーです。

UBS香港オープンは世界の強豪選手たちを惹きつけ、エミレーツ航空にとっても世界中の観客とのつながりを持つ場になっています。60年以上にわたり香港ゴルフ・クラブで開催される香港オープンは、ヨーロッパ・ツアーとアジア・ツアーの共催大会として開催されています。近年の優勝者の中には、ジャスティン・ローズ、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、ローリー・マキロイ、イアン・ポールターなどが名を連ねています。通常、香港オープンはドバイ世界選手権前に開催される欧州ツアーの最初の大会とされます。

DPワールド・ツアー・チャンピオンシップ

エミレーツ航空は欧州ツアーを継続的に支援し、ドバイで開催されるDPワールド・ツアー・チャンピオンシップの後援契約を更新しました。

賞金総額800万米ドルのDPワールド・ツアー・チャンピオンシップであり、11月にジュメイラ・ゴルフ・エステートで開催されるこのロレックス・シリーズの大会は、欧州ツアー「レース・トゥー・ドバイ」の賞金ランキング上位50名の選手を招待し、世界のゴルフ・トーナメントで最高額となる優勝賞金300万米ドルが提供されます。この大会はシーズン中に28か国で開催される44のトーナメントのグランドフィナーレとして開催され、欧州ツアーの優勝者に提供されるボーナス賞金200万米ドルを含み、上位5名の選手には500万米ドルのボーナス賞金が用意されています。

WGC-HSBCチャンピオンズ

エミレーツ航空は、世界ゴルフ選手権として指定されている4つの大会の一つ、WGC-HSBCチャンピオンズにも関与しています。

第1回大会は2005年11月、上海余山国際ゴルフクラブで開催され、今も続いています。エミレーツ航空は、この大会が2009年にWGC-HSBCチャンピオンズという名称になって以来のパートナーです。

4大大会に次ぐトーナメントとして、WGC-HSBCチャンピオンズには世界の強豪が参加しています。2019年には1,025万ドルという賞金総額と世界ゴルフ選手権の格付けにより、WGC-HSBCチャンピオンズは見逃すことのできない大会となっています。