アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

エミレーツとカナダ

エミレーツとカナダの関係は2007年10月29日から始まりました。この日、ドバイとトロント間で週3便の直行便の運航が開始されたのです。現在カナダとUAE間で締結されている航空協定の下では、当社は最大週3便しか運航することができません。毎年、当社便の座席占有率は平均90%を超えています。トロントとドバイ間のフライトの需要は高まっており、毎日1便運航すれば旅行者、ひいてはビジネスや観光業に利益をもたらすでしょう。

当社は長年にわたり、カルガリーやバンクーバーなど他のカナダの都市へもサービスを拡大したいと願っており、オーストラリア、ドイツ、米国、英国など他の市場でも同様の方法で成長してきました。

エミレーツ航空の運航状況をファクトシートエミレーツとカナダ(新しいウィンドウでPDF形式で開きます)でご覧ください。

カナダとドバイの背景

ドバイ-成長を遂げる強力な輸出市場

2017年、UAEはカナダで中東と北アフリカ地域最大の製品輸出市場となりました。

  • 2017年のアラブ首長国連邦へのカナダ製品の輸出額は16憶カナダドルに及び、同国の14憶カナダドルに上るUAEとの貿易黒字は世界全体で4番目に位置しています。
  • ドバイでは150以上のカナダ企業が事業を展開し、カナダ国民により1,114の企業が登録されています。
  • カナダとUAE間の乗客と貨物の交通は、特にドバイで急速に成長を遂げています。
  • 2009年、カナダとUAEは両国間の貿易の成長に非常に大きな可能性があることを踏まえ、貿易と投資に関する覚書に署名しました。両国は最近、原子力協定 (NCA) に署名しましたが、この協定にはカナダのウランや技術をUAEに供給することなどが盛り込まれています。
  • ビジネス関係を再度活性化し、両国間の貿易や戦略的パートナーシップをさらに推進するために、2013年10月にカナダのモントリオールで共同事業協議を開催しました。
  • スター・アライアンス加盟のエア・カナダでさえ、ドバイとカナダの市場は十分なサービスを実施していないと認識しており、エア・カナダは2015年11月からトロントとドバイ間のフライトの運航を開始しました。

当社は、エミレーツがカナダへのアクセスを増便することで、カナダとUAEの貿易関係にプラスの影響を与え、両国間の商品や人の流れを促進すると確信しています。カナダ政府は「航空自由化」協定を推進する一方で、こうした協定の多くはカナダの輸出市場にそれほど恩恵をもたらさない国との間で締結されています。

「航空自由化」協定で合意している諸国でのカナダとの関係は、UAEやドバイと比較すると際立って異なっています。

2017年のカナダの輸出額(単位:カナダドル)輸出ランキング2017年の合計輸出額(単位:カナダドル)合計輸出ランキング
韓国5,203613,9077
スイス1,998156,39815
ブラジル1,711186,42314
アラブ首長国連邦1,603211,79237
アイルランド588392,90127
ニュージーランド494411,20249
トリニダード・トバゴ3055348167
ドミニカ共和国166641,39144
コスタリカ1596567559
ジャマイカ1237329175
アイスランド798217783
エルサルバドル599016590
ホンジュラス4310242768
ニカラグア4110416889
バルバドス3710750115
ガイアナ2911369058
ベリーズ1613318149
キュラソー島1513516152
アンチグア・バーブーダ1015310166
セントルシア91569167
セント・マーチン島61646178

出典: カナダ統計局および米国国勢調査局

表で示すように、アラブ首長国連邦は韓国、スイス、ブラジルを除き、「航空自由化」協定を締結している一覧表も掲載されている他の大半の国よりも、カナダにとって巨大な輸出市場となっています。この表は、エミレーツのカナダ便が増便されると貿易量が大幅に増加する可能性を浮き彫りにしています。

カナダの新しい海外旅行市場

カナダの観光産業は、従来市場からのインバウンド需要が著しく減少し、窮地に陥っています。カナダ観光局デスティネーション・カナダによると、2016年に同国に1泊以上滞在した旅行者数は、過去最高の2002年の2,006万人に対して約1,997万人と予想されます。州政府や旅行業者は、UAEをはじめ新たな海外市場の開拓に必死になっています。

休暇中に1週間で1人あたり平均1万カナダドル使うUAEからの旅行者は、世界でも引く手あまたです。米国でUAE出身者が休暇で滞在する平均日数は1か月ですが、そのうち多くの人々が最高8週間滞在します。

これと同様の潜在需要がカナダにあり、エミレーツはカナダとUAEの旅行者を結びつける能力があります。ただし、既存のフライト制限によりその機会が失われています。下の表で示しているとおり、他の諸国はエミレーツの便数を増便する機会を与えており、経済や旅行産業もその恩恵を受けています。

エミレーツの週あたりの便数(2018年夏季)便数の制限*
英国126無制限
米国98無制限
オーストラリア91105
ドイツ70無制限
南アフリカ5656
ニュージーランド14無制限
カナダ33

*エミレーツが認可されている1週あたりの最大便数は、UAEと対象国間の既存の航空業務協定に定められた便数を下回っています。

カナダの機会

カナダに対する強力な商業、観光および経済的利益を完全に実現する方法は、カナダとUAE間の既存の航空協定の下で便数の権利を強化することのみにあります。ドバイは世界経済に影響を与える国となっており、カナダ企業に各種の機会を提供しています。ドバイ往復の便数を増加し、エミレーツとカナダ間の関係を強化することで、貿易、投資、観光および雇用がさらに推進され、カナダやカナダ国民に対して経済的、社会的に計り知れない利益を生み出します。

エア・カナダは影響を受けるのか?

エミレーツがドバイとトロント間に毎日フライトを運行すると競争が激化という懸念は、当社の見解では大いに誇張されています。現在、トロント・ピアソン国際空港におけるエミレーツの国際線出発便の週ごとのシェアは0.1%、座席数は0.4%、一方エア・カナダの国際線出発便の週ごとのシェアは54%、座席数は51%です。エミレーツが毎日フライトを運行しても、シェアはそれぞれ0.3%、1%とわずかに増加するだけです。マーケットシェアの微増は、エミレーツのフライトが増加してもエア・カナダの脅威となるレベルではないことを示唆しています。

  • 2015年11月、エア・カナダはトロントとドバイ間で週3回、トロントとデリー間で週4回直行便の運航を開始しました(直行便の開始は2016年10月30日)。エア・カナダは、ドバイ、デリー、ムンバイを除く中東、アフリカ、南アジア地域のどこにも運航していないことから、エミレーツとエア・カナダの間で直接競合が重なる地点は存在しません。
  • 当社が第三国の航空交通に依存しているという指摘に関して、当社の乗継交通は、当社のドバイとトロント間のフライトにおいて両国間で発生し、急速に増加している実体のある目的地への往来を補っているにすぎません。この乗継交通の実施によって、当社はカナダ、およびカナダからの便が不十分な地域、あるいは全くフライトが運航されていない世界各地へのアクセスの向上に貢献しています。今日乗客を他の地域につなげることは、エア・カナダやスター・アライアンス・パートナーを含め、航空会社が参加するあらゆるネットワークの混合交通全体にとって重要な部分となっています。
  • スター・アライアンス(会員28社の年間乗客数7億2,551万人、機体数4,700機以上、トロント・ピアソン国際空港での国際線出発便の1週間のシェア62%および国際線座席率59%)に属するエア・カナダのパートナーの商業上の利益が、ドバイとトロント間で毎日運航されるエミレーツ便に重大な影響を受けるだろうという指摘は信頼性に欠けています。
  • 2017年、エア・カナダの収益は2016年の8憶7,600万カナダドルに対して20憶4,000万カナダドル以上と2倍以上の伸びとなりました。同社は2017年に全世界で30路線を追加し、乗客数は過去最高となる4,800万人を記録しました。
  • 当社は既存の航空交通を再分配するのではなく、常に新たな需要を生み出すように務めています。当社のポリシーは、「キャパシティダンピング」あるいは「略奪的価格設定」への関与です。当社は、全市場で当社製品に競争力のある価格を設定します。