アクセシビリティ


Emirates.comのアクセシビリティ機能

当社はemirates.comサイトのナビゲーションを改善するため多くの機能を適用しております。次の機能一覧をご参照になることをお勧めいたします。当社では、カレンダーコントロールや現在改良を進めている詳細機能など、複雑なウィジェットを円滑にナビゲートいただけるよう、いくつかの方法を導入しております。当社は、全米盲人基金や英国王立盲人協会などのいくつかの団体と協力して、当社サイトのユーザビリティをテストし、お客様のご利用体験の向上と改善を行っております。上記の通り、当社はWCAG 2.0のAAレベル達成基準に基づいてemirates.comを構築し、NVDAとFireFoxで滞りなく機能するサイトを制作しております。これらの最新版のスクリーン・リーダーをご使用になることを推奨いたします。現在ご利用いただけるこれらのスクリーン・リーダーを基に、今後は他のスクリーン・リーダーへの対応を広げて参ります。

特徴

コンテンツにスキップ:ページを容易にナビゲートしていただけるよう、ページ上部のロゴの前に「コンテンツにスキップ」リンクをご用意しております。

画像:当社は、情報を提供するすべての画像(およびテキスト画像)にdescriptive altを適用し、装飾的なすべての画像にnull altを適用しております。限定的な箇所では、altタグの代わりにコンテンツに隠しテキストを追加しています。スクリーン・リーダーをお使いのユーザー向けにこの情報を追加することにより、altタグの使用体験を改善して参ります。当社はアクセシビリティ・パートナーのアドバイスに基づいてのみこの情報を追加しております。

フォーム:フォームはすべてキーボードからアクセス可能で、フォーム・フィールドの種類をご理解いただけるようにプログラム上のラベルを配しています。当社予約エンジンでは、様々な場所にカスタムフォーム・フィールドを利用し、標準的な利用体験を維持していただけるよう努めております。

:当社サイトでは多くの表を使用していますが、表示目的の表には、スクリーン・リーダーが行や列の情報を読み上げないようにpresentationロールが用意されています。データ表にはすべて適切な見出しが含まれています。複雑な表にはすべて要約が含まれています。

見出し:コンテンツを適切に配置するため、当社はサイト全体に見出しを適用しています。

リンク:リンクの内容と文脈内での意味をご理解いただけるよう、リンクには説明的なリンク名を付けています。リンクが新しいウィンドウやタブを開く場合には隠しテキストを配しています。

ARIAランドマーク:当社は、目立たない形で、一般的にページのメインコンテンツ内でrole=”main”のみを使用しています。またコンテンツを分割するためにrole=”complimentary”も使用しています。

ARIAの使用:当社サイトは動的であるため、様々なARIAのロール、プロパティ、ステートを使用してご利用体験を改善し、サイトのご利用に必要な情報を提供しています。これらの機能をご利用いただくため、最新のスクリーン・リーダーを備えた最新のブラウザをご使用になることをお勧めいたします。

Javascriptの使用:当社はサイト全体でこの機能を使用し、ナビゲーション体験を改善するためにいくつかのアクセシビリティ機能を制御しています。サイトを円滑にご利用いただくため、Javascriptをオンにされておくことをお勧めいたします。

キーボード・ユーザー向けのコントロール

カレンダー:カレンダー内で、上下左右の矢印キーを使用して日付を移動していただけます。

指定日の前後グリッド:指定日の前後オプションと一緒に検索される場合、このグリッドが表示されます。グリッドに移動した後、矢印キーを使用して日付を移動していただけます。これにより、お客様のご予定とご予算に適した日付をお選びいただけます。

規約条件:キーボード・ユーザーの方向けに、画面上に表示される追加の指示情報がございます。

現在までに確認されている問題

ARIA Applicationロール:当社は、role=”application”が指定されている場合にそこからTabキーを使用して移動すると、フォーカスのあるリンクと合わせて直前のリンクも読み上げられるという問題があることを認識しています。これは次の2つの場所で発生することが分かっています:

  1. 「予約管理」では、オプション(超過手荷物など)が無効になっている場合にカスタム・ツールチップがあります。このツールチップにはキーボードからのアクセスを可能にするrole=”application”が指定されています。
  2. カスタム・カレンダーがあるコンテンツ・ページにはrole="application"が指定されており、キーボードからのアクセスが可能です。タブオーダーの次の要素は「モバイル有効」リンクですが、最初に直前のツールチップ(「フライト番号ヘルプ」など)が読み上げられます。

この問題を解決するために、NVDAコミュニティー内のチケット(外部ウェブサイトが開きます)が作成されています。

チェックボックスのステータス: NVDAは、ホームページの下部にナビゲートする際に表示される予約ウィジェット上にステータス(選択/選択解除)の最初の変更は読み上げません。後続のステータスの変更(選択/選択解除)はNVDAにより読み上げられます。

フォーム・モード:フライト予約ウィジェット内では、削除オプションを使用して空港を削除する際に、フォーカスはフォーム・フィールドに戻りますが、NVDAは自動的にフォーム・モードに入りません。そのため、即時に入力を試みても情報は入力されません。フォーム・モードに手動で移行した場合は、通常通りに入力できます。