手荷物と遺失物

手荷物許容量

機内持ち込み手荷物許容量はどのくらいですか?

ファーストクラスとビジネスクラス

ファーストクラスとビジネスクラスのお客様は、手荷物は2つまで機内にお持ち込みいただけます。ブリーフケース1つに加えて、ハンドバッグ1つまたはガーメントバッグ1つのいずれかです。手荷物はすべて以下の大きさと重量制限が適用されます。

ブリーフケース:45 x 35 x 20 cm(18 x 14 x 8インチ)
ハンドバッグ:55 x 38 x 20 cm(22 x 15 x 8インチ)

1個あたりの重量は7キログラム(15ポンド)を超えないものとします。妥当な量のアルコール、たばこ、香水などの免税購入品も上述のものに加え許可されます。また、新しい液体に関する制限については例外が適用されます。

エコノミークラス

エコノミークラスの乗客は、手荷物は1つ機内に持ち込むことができます。以下の大きさと重量制限があります。

機内持ち込み手荷物:55 x 38 x 20 cm(22 x 15 x 8インチ)

お荷物の重量は7キログラム(15ポンド)を超過しないものとします。適度な数量の免税購入品としてお酒、たばこ、香水も、上記以外に持ち込みが認められています。

お荷物は、頭上のロッカーにご自分で収納できる必要があります。ご高齢のお客様、小さなお子様連れのお客様、ご自分だけでは収納が難しいお客様は、客室乗務員がお手伝いいたします。

例外

幼児を連れてご旅行されるお客様に関する制限はここでご確認ください。

インドからご搭乗されるお客様:

  1. 手荷物1つを機内にお持ち込みいただけます。
  2. 許可される持ち込み手荷物の大きさは合計115センチメートルまたは45.3インチ(縦+横+高さ)未満です。

ご注意:ブラジルで航空券を購入後、ブラジル発の便をご利用のお客様は、10キログラム(22ポンド)以内の手荷物を1つお持ち込みいただけます。他の国を出発しブラジルに到着する便をご利用のお客様は、7キログラム(15ポンド)以内の手荷物を1つお持ち込みいただけます。

貴重品や壊れやすいものなど、規定の大きさには収まらない荷物の機内持ち込みを特例的にお受けすることもあります。このような超過サイズの荷物は、承認を受けるためにチェックインと検査・点検地点でお客様が提示する必要があります。

旅程に他の航空会社が運航する便が含まれている場合は、それらの便に異なる手荷物規定が適用される場合があります - 詳細をご覧ください(他の航空会社の手荷物許容量の詳細)

「キャスター付き」バッグ

車輪が組み込まれた格納式ハンドル付きの回転バッグは、合計の寸法(長さ+幅+高さ)が114センチメートル(45インチ)内に収まるものであれば機内持ち込み手荷物として認められます。この種のバッグで、より大きい宿泊タイプのモデルは機内にお持ち込みになれません。

ドバイからの乗り継ぎまたはご出発

制限の最大限度を超える品目は、ドバイ発のフライトの機内持ち込みでは許可されない場合がございます。手荷物は貨物室へ運ばれ、受託手荷物の控えが発行されます。機内持ち込み手荷物許容量を超えた場合は、超過手荷物料金が適用されます。

機内持ち込み手荷物内の粉末

米国を発着および経由する便およびオーストラリアおよびニュージーランドを出発または経由する便では、350ミリリットル以上の容器に入った粉末は機内持ち込み手荷物してお持ち込みいただけません。

  • 350ミリリットル以上の容器に入った粉末は、受託手荷物扱いにする必要があります。
  • 最終出発地により、機内持ち込み手荷物として350ミリリットル以上の容器に入った粉末は、ドバイ国際空港(DXB)、ミラノ・マルペンサ空港(MXP)、またはアテネ国際空港(ATH)で没収される場合があります。
  • 350 ミリリットル未満の粉末は追加のセキュリティ手続きが必要となります。
  • 粉ミルク、処方薬、人骨は対象外となります。
  • 空港免税店で購入された粉末状の物質は密閉された不正開封防止対策が施された袋に購入証明書(領収書)を添えてお預け入れいただく必要があります。

これは、米国運輸保安局(TSA)、オーストラリア内務省、ニュージーランド民間航空庁のセキュリティガイドラインの変更によるものです。

液体、スプレー類、ジェル類(LAG)の機内持ち込み

国際民間航空機関(ICAO)が推奨する規定に従って、ドバイ国際空港を含むいずれかの国際空港から出発する場合、またはこれらの空港を経由する場合、その乗客には機内手荷物について、以下の液体、スプレー類、ジェル類に関する制限が適用されます。

  1. すべての液体、ジェル状のもの、エアゾール、ペースト状のもの、ローション、クリーム、飲料、及び類似した堅さの品目は容量が100 ミリリットル未満の容器に入れなければなりません。100ミリリットルを超える容器に入っている場合は、たとえ満杯に入っていなくても持ち込みは認められません。

  2. これらの容器は、最大容量が1リットルを超えない透明のジッパー付きビニール袋に入れなければなりません。大きなバッグ、または包んであるサンドイッチバッグのようなジッパーのないバッグは、認められません。

  3. 容器は、完全に閉じられる透明なビニール袋内にゆとりをもって詰められている必要があります。

  4. 保安検査場では目視点検のためにビニール袋を提示する必要があります。1名の乗客につき1つの透明のビニール袋が許可されます。

  5. 治療用薬物、幼児のミルク/食事、および特別な食事などの例外は認められます。ただし、適切かつ妥当な方法で、このような品目の性質を確認できる必要があります。

保安検査を円滑に進めるために、このようなビニール袋はその他の持ち込み荷物、コート、ジャケット、ノートパソコンとは別に提示し、X線画像がわかりにくくならないようにしてください。

これらの措置に準拠した国で乗り継ぎされるお客様は、乗り継ぎ時の安全確認で免税店で購入された液体をお持ち込みいただけない場合があります。

バンコク、シンガポール、クアラルンプール(BKK/SIN/KUL)で乗り継ぎし、機体からいったん降りて再度搭乗する場合、これらの空港では液体、スプレー類、ジェル類(LAG)に関する規則が厳しくなっており、乗り継ぎの際、液体は没収されます。

不正開封防止袋(STEBS)

空港の小売店(例:ドバイ免税店)または機内でご購入された液体およびジェル状の商品は、その容量に関わらず以下のすべての条件に準じていなければ保安検査で許可されません。

  • 不正開封防止袋(STEB)に入っている
  • サプライチェーンのセキュリティ処理によって不法に干渉されないよう保護されている(ドバイで適用)

国際的には標準化されていませんが、これらのバッグをお使いになることで、お客様は空港の免税店やその他の小売店でご購入いただいた液体、スプレー類、ジェル類を次の目的地にもお持ち込みいただけます。いったんそのバッグを閉めたら、明確な指示なしにバッグを開けて、閉め直すことはできません。

液体、スプレー類、ジェル類(LAG)の米国への持ち込み

ドバイ国際空港から米国へ直行するエミレーツ便に搭乗される米国便のお客様は、ドバイ国際空港コンコースの免税店で購入された液体、スプレー類、ジェル類を数量に関係なく、機内手荷物としてお持ち込みいただけます。

米国への到着後、国内線・国外線に乗り継ぎをされる場合、100ミリリットルを超過する液体類の商品については受託手荷物としてお預けいただく必要がございます。

液体、スプレー、ジェル類に関するその他の制限と例外
地域液体規制STEBの許可例外
アフリカエジプト
ケニア
モーリシャス
ナイジェリア
南アフリカ
タンザニア
ウガンダ
南アフリカモーリシャスで乗り換えされるお客様は、液体の持込みが許可されません。

モーリシャスからご出発されるお客様は、液体の持込みが許可されません。乗り継ぎ、または最終目的地の国の規定に応じて、免税店で購入した液体は機内に持ち込むことができます。
アジア中国
香港
インド
インドネシア
日本
マレーシア
モーリシャス共和国
パキスタン
フィリピン
セーシェル
シンガポール
韓国 タイ
中国
香港
インドネシア
マレーシア
モルディブ
シンガポール
韓国
タイ
フィリピンでは、液体類は一切手荷物として許可されません


インドは現在STEBを認めていません
オーストラリア、およびニュージーランドオーストラリア ニュージーランド利用不可オーストラリアは現在STEBを認めていません
ヨーロッパおよび南北アメリカ米国運輸保安局(TSA)は、持ち込み手荷物について民間飛行便向けに一連の安全対策を導入しました。これは、EUの規則に多くが類似してはいますが、許可されている液体やジェル類の量が若干異なります。ブラジル
EU
アイスランド
ノルウェー
ロシア
スイス
トルコ
英国
トルコ
アメリカ合衆国米国運輸保安局(TSA)は、持ち込み手荷物について民間飛行便向けに一連の安全対策を導入しました。これは、EUの規則に多くが類似してはいますが、許可されている流体やジェル類の量が若干異なります。
米国はドバイ国際空港での免税品についてSTEBを認めています。米国への到着後、国内線・国外線に乗り継ぎをされる場合、100mlを超過する液体類の商品(STEBS)については受託手荷物としてお預けいただく必要がございます。
中東バーレーン
ドバイ
クウェート
レバノン
オマーン
カタール
サウジアラビア
イエメン
ドバイ利用不可
上記はすべて、掲載時において正確な情報です。詳細は通知なしに変更されることがあります。詳細についてはお近くのエミレーツオフィスや出発空港にお問い合せ頂くか、上記の個々の規制当局のウェブサイトにてご確認ください。
EU手荷物規制とFAQに関する詳細情報を表示する(新しいタブに外部ウェブサイトが開きます)



また、レーザーポインターもエミレーツ航空の機体に持ち込むことは禁止されていますのでご注意ください。保安対策に関するTSA勧告の詳細、機内で許可される品目のリストはこちら(新しいタブに外部ウェブサイトが開きます)