特別支援サービスとリクエスト

特別なお手伝い

エミレーツのフライトでは子供一人での旅行は可能ですか?

はい。同伴者なしでご旅行される5歳から15歳までのお客様には、エミレーツは異なる条件を持つ2種類のサービスをご提供します。

「アナカンパニード・マイナー(同伴者のないお子様)」と呼ばれる、5歳から11歳までのお子様には、一般のお客様とは別のチェックインカウンターをご用意し、ご出発とご到着を専用の地上スタッフがお手伝いいたします。

運賃に関して、12歳以上のお客様は成人と見なされます。ただし、12歳から17歳までのお客様は、18歳以上のお客様とご一緒でない限り、小幼児のお客様をご同伴いただくことはできません。18歳以上のご同伴者様がいらっしゃらない場合、大人運賃が適用されます。これらの予約を手配するには、お近くのエミレーツオフィスにお問い合わせください。

「ヤング・パッセンジャー」と呼ばれる、12歳から15歳までの子供のお客様にも特別な配慮をいたします。

詳細は、「アナカンパニード・マイナー(同伴者のないお子様)」のページを参照されるか、お近くのエミレーツオフィスにお問い合わせください。

子供の旅程に乗り継ぎ便または一晩以上の滞在を含む乗り継ぎが含まれる場合はどうなりますか?

乗り継ぎ時間

お子様が、ご旅程の一部として異なる航空会社の便に乗り継ぎが必要な場合、空港内での乗り継ぎ時間は最長で4時間とします。

ドバイでの乗り継ぎの場合、最長の乗り継ぎ時間は8時間です。これは専属チームのスタッフによるお子様のケアに時間制限があり、この制限時間内でのみスタッフを配属することが可能なためです。

一晩以上の滞在を含む乗り継ぎと同伴者のいないお子様

乗り継ぎ空港で一晩以上の滞在が必要な場合や、乗り継ぎのために異なる空港間を移動する必要がある場合、乗り継ぎ空港で成人の保護者が付き添うように手配していただかない限り、16歳未満のお子様はお一人でご旅行いただくことができません。

両方の状況において、弊社がお子様のご搭乗を受け付ける前に、お客さまに詳細を予めご確認いただく必要があります。

特別なお手伝い

特別なお手伝いが必要なお子様、あるいは特別なケアが必要なお子様は、18歳以上の大人運賃にてご搭乗の保護者による同伴が必要です。

規約条件

安全とセキュリティ上の理由により、お子様がご搭乗になる前に、法的な保護者として免責宣言書にご署名いただく必要があります。これらのフォームはエミレーツの各空港オフィスにご用意いたしております。

「同伴者のいないお子様」の両親または保護者はフライトが出発するまで、空港内に残っていただく必要があります。空港でアナカンパニード・マイナー(同伴者のいないお子様)をお迎えになるご両親または保護者には、身分証明書をご提示いただかなければなりません。アナカンパニード・マイナー(同伴者のいないお子様)サービスは弊社の提供するフライトでのみご利用可能です。パートナー航空会社ではご利用いただけません。パートナー航空会社のアナカンパニード・マイナー(同伴者のいないお子様)のご搭乗に関するサービスについては、直接該当の航空会社にお問い合わせください。

フランス国籍の未成年がフランス国外に渡航される場合

フランス国籍をお持ちの未成年のお客様が、ご両親や法的保護者のご同伴なくフランス国外にご旅行される場合は、パスポート以外に公的出国許可証をご用意いただく必要がございます。ご両親や法的保護者の署名を含むご本人確認書類のコピーと合わせて、出国許可証の原本をご提示いただく必要がございます。

同伴者のいないお子様がカナダにご渡航の場合

エア・カナダは他社からのアナカンパニード・マイナー(同伴者のいないお子様)の引き継ぎを受け付けておりません。したがって、当社の提供するアナカンパニード・マイナー(同伴者のいないお子様)サービスはトロントまでに限りご利用いただけます。トロントで、ご両親もしくは保護者がお子様をお迎えにならなければなりません。

お子様がカナダに単独でご渡航の場合、もしくは法的な保護権を持たない成人とご渡航の場合は、旅行同意書を委託されることをお勧めします。書類は法的な保護権を持つご両親もしくは保護者により署名されなければなりません。書類には以下の詳細が記載されているものとします:

  • 旅行の承認
  • 渡航先がカナダである旨と、滞在期間
  • 法的な保護権を持つ両親もしくは保護者の方の住所と電話番号

イタリア国籍の未成年がお一人でイタリア国外に渡航される場合

イタリア国籍のお子様がイタリア国外に渡航される場合、いくつかの特別要件がございます。お子様が13歳以下のイタリア国籍で、以下に該当する場合、地元警察(questura)から旅行同意書(dichiarazione di affido)を取得する必要があります:

  • 単独で渡航の場合
  • 法的な保護権を持つ両親もしくは保護者以外と渡航の場合(パスポートによる身元確認)

国外に居住の場合、承認書は地元のイタリア大使館もしくは領事館から取得可能です。Dichiarazione di Affidoは空港警察署では発行できません。この承認書なしで、お子様がイタリア国外に出られることは許可されません。以下はイタリア国籍のお客様にのみ適用され、他の国籍にはこの承認は不要です。

他の航空会社でのご旅行

航空会社はそれぞれ同伴者のいないお子様のご旅行に関する制限と規定を独自に定めています。他の航空会社をご利用の際には、ご予約の前にその航空会社独自の同伴者のいないお子様に関する規則をご確認ください。それらの規則には、他の航空会社との乗り継ぎに際して、同伴者のいないお子様のご搭乗に関する制限事項が含まれる場合があります。

詳しく知る

詳細は、「アナカンパニード・マイナー(同伴者のないお子様)」のページを参照されるか、お近くのエミレーツオフィスにお問い合わせください。