EC航空安全局発行の禁止品目リスト


乗客および機内持ち込み手荷物 - 持ち込みが禁止されている品目

適用される安全規則を遵守するため、安全上制限されたエリアおよび機内への以下の品目の持ち込みは禁止されています:

(a) 銃器、武器、発射体を放出するその他の装置 — 使用した場合、発射体を放出することにより重度の怪我の原因となる機能を備えた、またはそれが可能と思われる以下を含む装置:

  • 銃、リボルバー、ライフル、ショットガン等のあらゆる種類の銃器、
  • 照準眼鏡を除く、実際の武器または武器の一部と混同される可能性があるモデルガン、模造銃、模造小火銃、
  • 拳銃、ペレット銃、ライフル、ボールベアリング銃等の圧縮空気式および二酸化炭素式空気銃、
  • 信号弾銃およびスターターピストル、
  • 弓、クロスボー、矢、
  • 捕鯨銃および水中銃、
  • ゴム銃およびカタパルト、

(b) 撃退用装置 — 相手の動きを封じたり撃退したりすることを目的とする以下を含む装置:

  • スタンガン、テーザー銃、スタンバトン等の撃退用装置、
  • 家畜銃および動物殺傷具、
  • メイス、唐辛子スプレー、催涙ガス、酸スプレー、動物撃退スプレー等の相手の動きを封じたり撃退したりする効果を持つ化学物質、ガス、およびスプレー、

(c) 鋭利な突端部を持つ物品 — 重度の怪我が生じる原因となり得る突端部が鋭利な構造になっている以下を含む物品:

  • 切断する構造を備えた物品:斧、手斧、大包丁、
  • ピッケル、アイスピック、
  • かみそりの刃、
  • カッターナイフ、
  • 刃が6 cm以上のナイフ、
  • 支点からの長さが6 cm以上の刃が付いたはさみ、
  • 鋭利な突端部または先端部を持つ武術用具、
  • 刀と剣、

(d) 工具 — 重度の怪我が生じるか、航空機の安全上の脅威となり得る以下を含む工具:

  • バール、
  • コードレス電動ドリルを含むドリルやドリルビット、
  • ドライバーやのみなど、武器として使用される可能性がある長さ6 cm以上の刃または軸を備えた工具、
  • コードレス電動のこぎりを含むのこぎり、
  • ブロートーチ、
  • ボルトガンおよびネイルガン、

(e) 鈍器 — 殴打による重度の怪我が生じる原因となり得る以下を含む物品:

  • 野球およびソフトボール用バット、
  • こん棒、警棒
  • 武術用具、

(f) 爆発性および発火性を備えた物質や装置 — 重度の怪我が生じる原因となる、または航空機の安全上の脅威となる性質を持つか、または性質を持つ可能性がある爆発性および発火性を備えた以下を含む物質や装置:

  • 弾薬、
  • 雷管、
  • 起爆剤および起爆装置、 
  • 爆発装置の複製品または模造品、
  • 地雷、手りゅう弾、その他の軍用備蓄品、
  • 花火およびその他の発火物、
  • 円筒弾および発煙カートリッジ、
  • ダイナマイト、弾薬、プラスチック爆薬。

機内持ち込み手荷物 - 禁止品目リスト

機内持ち込み手荷物として以下の品目の持ち込みは禁止されています:

爆発性および発火性を備えた物質や装置 — 重度の怪我が生じる原因となり得る、または航空機の安全上の脅威となり得る爆発性および発火性を備えた以下を含む物質や装置:

  • 弾薬、
  • 雷管、
  • 起爆剤および起爆装置、
  • 地雷、手りゅう弾、その他の軍用備蓄品、
  • 花火およびその他の発火物、
  • 円筒弾および発煙カートリッジ、
  • ダイナマイト、弾薬、プラスチック爆薬。