受託手荷物

エミレーツは、世界で最も余裕ある手荷物許容量をご提供する航空会社のひとつです。

エミレーツの手荷物許容量計算をご利用のうえで、手荷物規則と超過手荷物料金をご確認ください。 エミレーツ・スカイワーズのプラチナ、ゴールド、シルバー会員であれば、さらに手荷物許容量が優遇される場合がございます。

エミレーツは、特定の路線ごとに手荷物許容量を重量制または個数制のいずれかに基づいて定めております。 これは国際規則に準拠しています。

詳細はよくある質問をご覧ください

重量制

カナダと南北アメリカの目的地を出発またはこれらに到着する路線を除き、重量制が全路線に適用されます。 エミレーツ・エコノミークラスのお客様の受託手荷物許容量は、お客様が購入された航空券の運賃タイプにより異なります。

南北アメリカ以外の目的地へ出発またはこれらに到着するエミレーツ便をご利用の場合、次の受託手荷物許容量をご利用いただけます:

エコノミー運賃ブランド ビジネス ファースト
発券日 Special Saver Flex Flex Plus すべての運賃タイプ すべての運賃タイプ
2016年6月20日以前 30kg 30kg 30kg 30kg 40kg 50kg
2016年6月20日以降 20kg 30kg 30kg 35kg 40kg 50kg

航空券の再発行後に手荷物許容量が増加した場合は、元の手荷物許容量を証明する書類(元の航空券のスクリーンショットやコピー)を携帯されることを推奨いたします。

手荷物の総重量が該当クラスの最大手荷物許容量を超えない限り、個数に関わらず手荷物をお預けいただけます。 ただし、手荷物1個当たりの最大重量は32kgとします。

1個あたりの3辺の合計サイズ(縦・横・高さ)が300cm(118インチ)を超える手荷物は受託手荷物としてお預かりできません。貨物として別途輸送していただく必要がございます。 この規則に例外はございません。

個数制(カナダと南北アメリカを発着、およびアフリカからの出発便)

目的地にカナダ、または、南北アメリカが含まれているご旅程の場合、またはアフリカ発の便をご利用の場合は、適用される手荷物規則が異なります。

1個あたりの大きさは、縦・横・高さの合計が150cm(59インチ)を超えないものとします。 150cm(59インチ)を超える手荷物で300cm(118インチ)までのものについては、追加料金が課金されます。 1個あたりの3辺の合計サイズが300cm(118インチ)を超える手荷物は受託手荷物としてお預かりできません。貨物として別途輸送していただく必要がございます。

3つのいずれのクラスでも、手荷物が2個あるお客様は、両方の手荷物の合計サイズが300cm(118インチ)を超えることはできません。

手荷物許容量

カナダと南北アメリカを出発およびこれらに到着するご旅程の場合、またはアフリカ発のご旅程の場合は、エコノミークラスでは1個あたり23kg以内のお手荷物を2個まで、ファーストクラスまたはビジネスクラスでは1個あたり32kg以内のお手荷物を2個までお預けいただけます。

2017年8月1日より前にブラジル発着便の航空券を購入された場合、エコノミークラスでは1個あたり32kg以内のお手荷物を2個までお預けいただけます。

オーストラリア、ニュージーランド、またはアジアから出発する旅程

オーストラリア、ニュージーランド、またはアジアから出発し南北アメリカを目的地とするご旅程で、24時間以上のドバイでのストップオーバーを含む場合、または、ヨーロッパ、アフリカの区域を含む場合は、発券されているすべてのご旅程で重量制が適用されます。

アフリカの目的地を含む旅程

アフリカから出発するご旅程では、チケットの発行日により異なる手荷物規則が適用されます。 詳細はよくある質問をご覧ください

提携航空会社手荷物規則

お客様のご旅行の出発地が米国であり、ご予約の最初の航空会社がエミレーツでない場合は、別の規則が適用される可能性があります

提携航空会社フライトとは、エミレーツのフライトと同じチケットを使用しますが、別の航空会社により運航され、「Emirates」のフライト番号が付かないフライトを意味します(エミレーツのフライト番号はEKで始まります)。 これらの航空会社では、エミレーツとは手荷物許容量が異なる場合があります。 機内持ち込み手荷物および受託手荷物の許容量と料金については、提携航空会社手荷物許容量をご確認ください。

モーター付きの乗り物は機内にお持ち込みいただけません

安全上の理由で、ホバーボード、ミニセグウェイ、スマートまたはセルフバランス・ホイールは機内にお持ち込みいただけません。 これらの品目は大型リチウム電池を使用しているため、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としてもお預かりできません。 この規則は、これらの品目の機内持ち込みが許可されている航空会社からの乗り継ぎの場合にも適用されます。

火薬を含有する品目は機内への持ち込みが禁止されています

エミレーツ航空では、花火や火薬を含有する品目、たとえばクリスマス用クラッカー、爆竹、打ち上げ花火、花火、線香花火の、機内への持ち込み、および受託手荷物としてのお預かりを禁止しています。