アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

奴隷および人身売買防止

現代において奴隷、苦役、強制労働および人身売買は犯罪であり基本的人権の侵害です。エミレーツ・グループは、人身売買防止および奴隷防止に関連する法律を含め、すべての運航国の法律を遵守しています。エミレーツ・グループは現代の奴隷を決して許容しません。そして、あらゆる事業取引、取引関係、サプライチェーンにおいて倫理的かつ誠実に行動します。

現代の奴隷に係るエミレーツの声明(新しいタブでPDFが開きます)をお読みください

奴隷および人身売買防止に関するポリシー(新しいタブでPDFが開きます)をお読みください

贈賄および汚職防止

当社は従業員およびビジネスパートナーに対して、高い倫理基準と当社の期待に応える形で行動し、エミレーツの関係者として活動する場合には当社の運航国で適用される贈賄および汚職防止に関する法規を常に遵守するよう期待します。

贈賄および汚職防止に関するポリシー(新しいタブでPDFが開きます)をお読みください

反トラストおよび競争法

エミレーツは、運航国のすべての法律を遵守し、グローバル規模の反トラスト/競争法遵守プログラムを施行して、従業員への関連する反トラスト/競争法への関心を促し、実践の中でそれらをいかに認識するかについてのガイダンスを提供しています。

当社の反トラストおよび競争法遵守プログラム(新しいタブでPDFが開きます)をご覧ください

米国の制裁遵守プログラム

当社の方針声明はこちら(新しいタブでPDFが開きます)をお読みください

データ保護とサイバーセキュリティ

グローバル企業として、当社は、お客様へのサービスの提供に役立てられる個人情報を含む大量のデータを収集、保存、管理、転送します。プライバシーを保護し、当社が所有するデータのセキュリティを維持することは当社の責任であり、当社はその責任を真摯に受け止めています。当社は専門のデータプライバシーチームを設け、全社的な戦略やガバナンスを実施し、方針とプロセスを定期的に見直すことで、国内外の規制要件や業界の最善慣行の遵守に努めています。

エミレーツのプライバシーポリシーをお読みください。

多くの巨大組織と同様に、外部の攻撃者がより巧みな方法を常に採用し、進化を続けるサイバー攻撃の課題に日々直面しています。エミレーツはサイバーセキュリティの機能を継続的向上を図り、それらの攻撃に対する保護を強化し、当社が所有する情報へのアクセスを防護します。また、当社はデータセキュリティのリスクへの従業員の意識向上と普及のためにリソースを投入するとともに、シミュレーションや構造化されたトレーニングを通じてサイバー上の問題に対する認識を共有する必要性を強調しています。

エミレーツがサイバーセキュリティの問題に直面した懸念をお持ちの場合は、次のような対策を行うことができます。

調達の慣行

調達とサプライチェーンの関係に対する当社の姿勢は、条件は明確、公正、相互に有益なものであるべきであるということです。当社の調達のプロセスは、競争に基づいた入札と透明性の原則に基づいています。 

詳細は調達のプロセス(新しいタブでPDFが開きます)をご覧ください