歴史

エミレーツの軌跡

エミレーツの魅力的なサクセス・ストーリーは、ドバイの目覚ましい発展を抜きに語ることはできません。地域紛争とグローバル経済の不安定な状態が背景にありながら、エミレーツとdnataは毎年急速な発展を続けています。ビジネス感覚、野心、そして確実な投資によって起こった一連の出来事に後押しされ、エミレーツとdnataは世界で最も評判が良く、認知されているブランドの仲間入りを果たしました。

  • スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワード2016にて、「ワールド・ベスト・エアライン」、および、12年連続となる「ベスト機内エンターテインメント」賞を受賞。
  • 医薬品の安全な輸送を専門とする新しい施設、SkyPharmaをドバイ国際空港に開設。
  • 2回目となるジェニファー・アニストンによる広告キャンペーンを展開。ジェニファーが新しい友達と出会い、エミレーツのエコノミークラスを体験。
  • エミレーツ・スカイワーズの会員数が1,600万人に達し、16周年を迎える。
  • 新たにヤンゴン、ハノイ、銀川、鄭州、セブ、クラークの6都市をグローバル・ネットワークに追加。
  • ブランド価値が17%成長し、77億米ドルを超える。
  • ソーシャルメディアにおいて、Instagramで100万人のフォロワーを達成した世界初の航空会社となり、世界で初めてエコノミークラスにインタラクティブ・アメニティキットを導入。
  • ボローニャ、オーランド、マシュハド、ムルターン、バマコ、バリへのデイリー便が就航、エルビル便を再開。
  • ジェニファー・アニストンが、新しい広告キャンペーンでエミレーツの快適さと豪華さを体験。
  • 2015 APEX パッセンジャー・チョイス・アワードで7つの賞、ビジネス・トラベル・アワードでは4つの賞、スカイトラックス・アワードでは11年連続で「機内エンターテインメント」賞に輝く。
  • エミレーツA380とジェットマン・ドバイが編隊飛行を行う。
  • エミレーツのソーシャルメディアのカスタマーサービスが、英語とアラビア語の24時間対応サポートを開始。
  • ロールスロイス社と、A380型機向けエンジン200台、92億米ドル相当という記録的な契約を締結。
  • ブランド価値が4年連続で増加し、66億米ドルに達する。 世界で最も価値ある航空会社としての地位を維持。
  • Apple Watch用Emiratesアプリの提供を開始。
  • エミレーツが、従業員の歴史の中で記念すべき20,000人の客室乗務員を数える。
  • ハイデラバード航空ショーでの初披露のため、A380型機をインドに運搬。
  • 8番目の米国路線としてボストン路線を就航。
  • 「世界で最も価値あるエアライン・ブランド」に選ばれる。
  • 公式Twitterアカウントを開設し、ソーシャルメディアにおけるサービスを拡大。
  • サッカー界のレジェンド、ペレ氏とクリスティアーノ・ロナウド氏が、世界中のスポーツ・ファンとつながるグローバル・キャンペーンにエミレーツ航空の国際親善大使として出演。
  • ロンドン・ガトウィック国際空港でA380型機による定期便のサービスを行う初の航空会社となる。
  • パリ路線(シャルル・ド・ゴール空港)とニューヨーク路線(ジョン・F・ケネディ国際空港)に、A380型機を1日2便体制で投入。
  • ドバイ国際空港に、世界初のA380型機専用施設かつエミレーツA380の拠点となるコンコースAがオープン。
  • 5便目となるA380型機によるデイリー運航を開始し、ロンドン・ヒースロー路線がすべてA380型機による運航となる。
  • ミラノのマルペンサ空港に、35番目の専用ラウンジがオープン。
  • カンタスとエミレーツによる提携が開始され、ドバイ~オーストラリア間を週98便運航。
  • シアトルで1,000機目となるボーイング777型機の披露式典に立ち会う。 この記念すべき航空機が、エミレーツで102機目のボーイング777型機となる。 
  • リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、ダブリン、ルサカ、ハラレ、ダラス、シアトル、ホーチミンシティ、バルセロナ、リスボン、およびワシントンがエミレーツ・ネットワークに加わり、リエージュへの貨物専用便を開始。 
  • dnataが、英国最大の民間オンライン旅行会社であるトラベル・リパブリックの株式の過半数を取得。同社にとって過去最大級の取引となる。 
  • 20周年を迎えたマルハバ・ラウンジが外観を一新。 
  • テニス全米オープンの公式エアライン、および、エミレーツ航空全米オープン・シリーズのタイトル・スポンサーとなる。 
  • クリケットのインディアン・プレミアリーグに所属するデカン・チャージャーズのチーム・スポンサーとなる。
  • 50機の777-300ER型機を180億米ドル相当(表示価格)で発注。一度の注文としてはボーイング史上最大となる。 (80億米ドル相当、20機の777-300ER型機オプション発注を含む。)
  • エミレーツ・グループが、この会計年度に59億ディルハム(16億米ドル)の記録的利益を計上。
  • バスラ、ジュネーヴ、コペンハーゲン、サンクトペテルブルク、およびバグダッドがエミレーツ・ネットワークに加わり、エルビルへの貨物専用便を開始。
  • 上海、ヨハネスブルグ、ミュンヘン、およびローマが、エミレーツのA380ネットワークに加わる。
  • レアル・マドリードのパートナーおよび公式エアラインとなる。
  • エミレーツとヴィクトリア・レーシング・クラブが、5年間のスポンサー契約を発表。
  • エミレーツ・スカイカーゴが、ナイロビ~アムステルダム間で貨物フライトの100%ペーパーレス化を初めて完了。
  • ロンドンのテムズ川にかかるロープウェイ「エミレーツ・エア・ライン」のスポンサーとなることに同意。
  • エミレーツの機内携帯電話サービス事業者であるエアロモバイルの利用者が500万人に達する。また、A380型機の機内でWi-Fiインターネット接続サービスを開始。
  • dnataが新しい企業哲学とビジュアル・ブランド戦略を発表。
  • dnataが新しい機器および設備に対する7,000万米ドルのグローバル投資を発表。
  • dnataが南アフリカのケータリングサービス事業者であるウイングス・インフライト・サービスの株式を50%取得。
  • エミレーツが、四半世紀にわたる成功と著しい成長とともに25周年を迎える。
  • 東京、アムステルダム、プラハ、マディーナ、マドリードおよびダカールへの新路線が就航し、アルマトイ、バグラム、およびカンピナスへの貨物専用便を開始。
  • エミレーツ・グループが2010年3月31日締め会計年度に、増益となる42億ディルハム(11億米ドル)の利益を計上する。
  • ベルリン航空ショーにて、A380型機32機と、エンジン・アライアンス社のGP7200型エンジンを追加発注。 さらにファーンボロー航空ショーにて、B777-300ER型機30機を追加発注。
  • FIFAワールド・カップ南アフリカ大会に公式パートナーとして参加。
  • エミレーツ・スカイカーゴが、モーリシャス~ドバイ間で初のペーパーレス・フライトを運航し、すべての貨物を電子処理。
  • エミレーツ・スカイカーゴが、シドニー~ニューヨーク間を17.5時間で結ぶ直行貨物便を運航し、最長記録を樹立。
  • dnataがタイのメルカトル・アジアを買収し、これが初の海外IT部門となる。
  • dnataがドバイ・ワールド・セントラルのアル・マクトゥーム国際空港に初めて着陸した商用フライトの地上ハンドリングを行う。
  • dnataがドバイ国際空港の3つのターミナルをカバーする「バゲージ・ハブ・コントロール・センター」を公式オープン。
  • dnataがアルファ・フライト・グループを買収し、世界第4位のケータリング提供事業者となる。
  • 500万人を超える会員が利用するエミレーツ・スカイワーズが、10周年を記念してデザインを一新し、プログラムを拡張。
  • dnataがロンドン・ヒースロー空港とマンチェスター国際空港を拠点とする、英国での業界をリードする地上ハンドリング事業者2社を買収。
  • dnataがアフガニスタン初の世界的に認められた総合旅行代理店を首都カブールにオープン。
  • ドバイ~ルアンダ間のフライトを就航。
  • シドニー、オークランド、バンコク、トロント、およびソウル線でエアバスA380型機の運航を開始。
  • 78機目となるB777型機が納入され、世界最多のボーイング777型機を保有する航空会社となる。
  • オーストラリア初の自然保護リゾートで、エミレーツ・ホテル&リゾートがドバイ以外に初めて設けた施設であるウォルガン・バレー・リゾート&スパが、最初のゲストを迎え入れる。
  • エミレーツとアーセナルの合弁事業であるアーセナル・サッカー・スクールズ・ドバイが始動。
  • dnataがドバイ航空ショーにて50周年を迎える。
  • アルマハ・デザート・リゾート&スパが10周年を迎える。
  • エミレーツ・グループとホワイトブレッドの合弁事業であるプレミア・インが、ドバイのシリコン・オアシスに2番目のホテルを開業。
  • エアロモバイル・システムを搭載した機内で携帯電話を使用するエミレーツの乗客が100万人に到達。
  • エミレーツ史上最大のテレビ広告キャンペーン「ミート・ドバイ」を全世界で放送。
  • インドのチェンナイにHIV陽性の子どものためのCommunity Health Education Society(CHES)ホームがオープン。
  • dnataが世界的な法人向け旅行会社であるホッグ・ロビンソン・グループ(HRG)の株式を23%獲得して同社の筆頭株主となり、120か国のネットワークを入手。
  • dnataがグローバル・コンタクト・センターのアウトソーシング事業者であるマインドパールの株式を49%取得し、コンタクト・センターのアウトソーシング・ソリューションを3大陸に展開。
  • dnataが貨物業務でカヌー(アラブ首長国連邦)およびSDVインターナショナル・ロジスティクス(フランス)と提携し、アラブ首長国連邦で最大級のロジスティクス・サービス提供事業者であるフレイトワークスを設立。
  • 数百万ドル規模のエミレーツ・グループ新本社に移転する。
  • エミレーツ専用のターミナル3を10月に運用開始。このターミナルから出発した乗客数は最初の1か月で50万人。
  • エミレーツ・スカイカーゴが、年間120万トンの貨物に対応可能な新メガ・ターミナルの運用をドバイのカーゴ・ビレッジで開始。
  • ロサンゼルスにエミレーツのフライトが着陸。サンフランシスコおよびケープタウン行きのフライトも就航。
  • 機内携帯電話サービスを導入した初の国際航空会社となる。
  • A380型機が3機納入され、1機目のA380型機のニューヨーク着陸が航空史に刻まれる。
  • 1万人目の客室乗務員がエミレーツ・チームに加わる。
  • エミレーツの新しいスポーツ施設のザ・セブンズにて開催されたエミレーツ航空ドバイ・ラグビー・セブンズに、記録的な数の観客が押し寄せる。
  • dnataがスイスを拠点とするジェット・アビエーション・グループの空港関連ハンドリング部門であるジェット・アビエーション・ハンドリングAGを買収し、ヨーロッパ市場に初進出。
  • ドバイ航空ショーにて120機のエアバスA350型機、11機のA380型機、12機のボーイング777-330ER型機を、推定349億ドルで購入する契約を締結し、世界を驚かす。
  • ニュー・エンジニアリング・センターとエンジン・テスト・セルが正式オープン。
  • エミレーツ・ハーバー・ホテル&レジデンスとマリーナ・ホテルが開業。
  • サンパウロがネットワークに加わり、中東~南米間を結ぶ初の直行便となる。
  • ドバイ国際空港の1億2,000万ドル規模の新施設にてエミレーツ・フライト・ケータリングの運用を開始。
  • 10機のボーイング747-8F型機を33億ドルで購入する合意に署名する。
  • 国際的なサッカー運営組織であるFIFAと1億9,500万ドルのパートナーシップ契約を結ぶ。さらに、ドイツ・ワールド・カップ全試合の機内上映権を購入。
  • アーセナルが新しいエミレーツ・スタジアムで最初の試合を行う。
  • シェイク・アハメッド殿下が、エミレーツはドバイの航空宇宙産業に対する3,000億ディルハムの投資で中心的な役割を担っていると述べられる。
  • エミレーツ・スカイカーゴが10機のボーイング747-8F型機を28億ドルで発注。
  • エミレーツ・グループの従業員数が世界124か国で2万5,000人に達し、ドバイ最大の雇用主になる。
  • 乗客数が増加の一途をたどり、年間1,250万人に到達。
  • 42機のボーイング777型機を97億ドル相当で発注(史上最多)。
  • 4機のボーイング777-300ER型機と、9機のオプションを29億6,000万ドルで発注。
  • ボーイング747型機を6機保有するエミレーツ・スカイカーゴが、エアバスA310-300型機を追加で3機導入。
  • 北米行き路線で初の直行便(14時間でジョン・F・ケネディ国際空港に到着)を就航。 これは、航空産業において世界で最も重要な大陸である北米に、中東から直行する旅客サービスの幕開けであるとフラナガン氏が述べる。
  • 英国プレミア・リーグのアーセナルと1億ポンドのスポンサー契約を締結(2006~2007年のシーズンから15年間の新スタジアム命名権と、8年間のユニフォーム・スポンサー権を含む)。
  • dnataがクウェートに初の地方直営旅行店を開業。
  • CAEとエミレーツが提携し、1億米ドルをかけて多数のフルフライト・シミュレーターを備えたエミレーツ航空トレーニング・センターを開設。
  • パリ航空ショーにて71機を190億ドルで発注し、民間航空史上最大の取引で業界を揺るがす。
  • ドバイ~シドニー線にA340-500型機を新たに加え、デイリー運航を開始。
  • A340-500型機の全座席に電話と、全てのクラスで500チャンネルを視聴できる革新的なice機内エンターテインメント・システムが装備される。
  • 乗客数は26%増の850万人、利益額は4億6,800万ディルハムから94%増の9億700万ディルハムへと激増。
  • dnataの企業ロゴを、滑走路を図案化したグリーンの細長い曲線の上に地球を配置したものに変更。
  • 400万人の乗客が投票したスカイトラックスのインターネット調査で、エミレーツが「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に再度選ばれる。
  • 全世界の搭乗者数が4%減少する中、エミレーツでは18.3%増加して680万人に到達。
  • 全世界の貨物量が9%減少したのに対し、エミレーツでは19.5%増加して40万トンとなる。
  • エミレーツ・グループが、エミレーツ・エンジニアリング・センターに新設するハンガー(格納庫)に2億7,500万ドルを投資する旨を発表。
  • 年間40万トンの貨物を扱えるエミレーツ・スカイカーゴ・センターがオープン。
  • 英国プレミア・リーグのチェルシーと2,400万ポンドで4年間のスポンサー契約を締結。
  • スカイトラックス・リサーチが270万人の航空機搭乗者を対象に実施した調査で、エミレーツが「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に選出される。
  • 18機目のエアバスA330-200型機が納入される。さらに2機を発注し、世界最多のA330型機を保有する航空会社となる。
  • ライバル会社が911の煽りを受け、ボーイングとエアバスの交渉力が弱まる中、15機のA380型機と、8機のA340-600型機、3機のA330型機、25機のボーイング777型機を、150億ドルで発注する旨を発表し、世界を驚かせる。
  • シェイク・ラシード・ターミナルの運用が始まり、ドバイ国際空港の受け入れ可能乗客数が年間2,200万人に増加。
  • フリークエント・フライヤー・ロイヤリティ・プログラムとしてエミレーツ・スカイワーズを開始。
  • シェイク・アハメッド殿下が、ドバイ政府が年間2,000万人の乗客に対応可能な新しいターミナル3に5億~6億ドルを投資予定であると述べる。
  • ファーンボロー航空ショーで7機のエアバスA380型機と、5機以上のオプションを発注し、エアバスA380型機を契約した最初の航空会社となる。
  • ボーイング777-300型機を6機追加購入。
  • フラナガン氏が大英帝国勲章を授与される。
  • エミレーツがアルマハ・コレクション・デザート・リゾート&スパをオープンし、ホテル不動産市場に参入。
  • 新世代エアバスA330-200型機の第1陣である17機がドバイに到着。
  • エミレーツ・グループの従業員が1万1,000人になる。
  • dnataがdnataフィリピンを立ち上げ、東南アジアの空港サービス市場に参入。
  • アラブ首長国連邦とオーストラリアの関係強化を生かし、メルボルン線に加えシドニー、ブリスベン、パースの各路線を追加することで合意。
  • オーストラリア最大の競馬大会であるメルボルン・カップと、クリケットのワールド・カップでナショナル・チームを後援。
  • エミレーツのエンブレムを現代的でダイナミックなデザインに刷新。
  • ドバイ国際空港の到着便乗客数が1,100万人を記録。
  • エミレーツの乗客数が370万人に上ったことを受け、対応能力を26%拡大。貨物量は20万トンに拡大。
  • エミレーツ・グループがエア・ランカ(後にスリランカ航空に改称)株式の43%を取得。
  • エミレーツが権威あるOAGの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に選出される。
  • 5億4,000万ドルをかけたドバイ国際空港のターミナル2が運用開始。
  • 16機のエアバスA330-200型機を20億ドルで発注。
  • 燃料価格の高騰にもかかわらず、乗客数が300万人を超え、貨物輸送が15万トンを超えて記録的な利益を上げる。
  • 6機のボーイング777-200型機が納入され、長距離運航能力がさらに向上。
  • ボーイング777-200型機が初めて納入され、離着陸のライブ映像を流した最初の航空会社となる。 ロンドンへの初フライトに続き、メルボルン線を就航。
  • 世界最高賞金の競馬イベントであるドバイ・ワールド・カップのタイトル・スポンサーになる。
  • エミレーツが10周年を迎える。中東、東アジア、ヨーロッパの34都市に就航。
  • ヨハネスブルグ、ナイロビ、ケニアに就航し、アフリカ市場に参入。
  • エミレーツのトレーニング・プログラムを修了した1期生パイロットが誕生し、エミレーツで働くアラブ首長国連邦の国民を増やすというシェイク・アハメッド殿下の目標が実現し始める。
  • エミレーツ・フライト・トレーニング・センターがオープン。
  • 航空会社として初めてエアバス機内にファックスを導入。
  • 航空会社として初めてエアバス機の3クラス全てに通信サービスを導入。
  • 航空会社として初めて全機体の全クラスの全座席にビデオ・システムを導入。
  • パリへの乗り入れに関してフランス政府から同意を得る。
  • ドバイ国際空港で200万ドルをかけたエミレーツ専用ターミナルが運用開始。
  • 2,000万ドルのエアバス・フルフライト・シミュレーターを発注した初めての航空会社となる。
  • 1月17日、湾岸戦争の勃発を受けて、数時間にわたる飛行禁止を指示。 運用再開後、当初の1か月間は通常サービスの90%を維持。
  • 世界で最も利用が多い国際ハブであるロンドン・ヒースロー空港の発着枠を獲得。
  • エアバスA300-600R型機の追加納入によって保有機数が9機になった直後に、7機のボーイング777型機と、さらに7機のオプションを6,450万ドルで発注。
  • エミレーツが6周年を迎える。23都市に就航し、乗客数は週2万5,000人となる。
  • シンガポールで開催されたアジアン・エアロスペース展示会で、シェイク・アハメッド殿下が3機のエアバスA310-300型機を追加契約。
  • 業界の流れに逆らい、イラクのクウェート侵攻をよそに成長を続け、マンチェスターを定期便に追加。
  • シンガポール線、マニラ線、バンコク線を追加。
  • エミレーツ・ネットワークにダマスカスを追加し、わずか38か月で12都市に就航。
  • イスタンブール、フランクフルト、およびモルディブの首都のマレに加え、ロンドン・ガトウィック国際空港への乗り入れで同意を得る。
  • 7月3日、最初の自社購入航空機であるA6-EKAが納入され、トゥールーズからドバイに向けて出発。
  • ライバル会社を凌ぎ、お客様に極上のエミレーツ体験を提供するというコミットメントを実現するため、エアバスA310-304型機がエミレーツ向けにデザインされる。
  • アンマン、コロンボ、カイロ、ドーハへの乗り入れ権を取得し、ネットワークを拡大。
  • インフラ投資と拡張コストにより、エミレーツの歴史上、唯一の損失を計上。
  • シェイク・ムハンマド殿下が、叔父で後にエミレーツの会長となるシェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム殿下にフラナガン氏を紹介する。
  • フラナガン氏が5か月後に1,000万ドルで航空会社を立ち上げる計画に着手する。
  • シェイク・アハメッド殿下と後に社長となるティム・クラーク氏が、フラナガン氏のチームに加わる。
  • パキスタン国際航空がエミレーツに対し、2機の航空機を含む一式をリースすることに同意。
  • カラチ、ニューデリー、ボンベイへの乗り入れに関して同意を得る。
  • 10月25日、EK600便がドバイ国際空港からカラチに向けて出発。
  • シェイク・ムハンマド殿下が2機のボーイング727-200型機をエミレーツに贈呈。
  • シェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下とフラナガン氏が、ドバイでの航空会社設立について協議。
  • フラナガン氏は新設航空会社の事業計画を作成する10人のチームの一員であり、航空会社名の候補はドバイ航空かエミレーツ航空であった。
  • シェイク・ムハンマド殿下が「エミレーツ」という名称を選び、新航空会社は25の航空会社の販売代理店としてすでに実績のあるdtanaを基盤に設立することとなった。
  • モーリス・フラナガンがドバイに異動し、dnataの取締役兼本部長となる。
  • シェイク・ラーシド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム殿下がドバイ国際空港を開港し、革新的なオープン・スカイ協定を採用。
  • 開業後のドバイ国際空港で地上ハンドリングサービスを提供する事業者として、ドバイ政府がdnataを設立。当初のスタッフはわずか5名。