表示するemirates.comの国と言語: Japan (Japanese)またはUnited States (English)すべての国や言語を表示。
[ 日本語 ]English
重要な内容までスキップする

フライト中

フライト中
気圧の変化飲食
機内での軽い運動乗り物酔い
機内での医療支援機内の空気環境
深部静脈血栓症(DVT)について

気圧の変化

離陸中および航空機の上昇中は、機内の気圧が下がることにより、気体が膨張します。閉じ込められた気体は、海抜ゼロの地点と比較して25%以上膨張することもあります。航空機が下降すると、気体の体積は減少します。鼻や耳、腸など体内に閉じ込められている空気によって不快感を感じることがあります。

この気圧の変化がお客様の身体に及ぼす影響を軽減するには、炭酸飲料や、豆、キャベツなどガスを発生させる食物の摂取をお控えください。また、フライト中の最後の1時間ほどは眠らないようにすると、あくびや唾液の飲み込み、「耳抜き」をするなどの方法で、航空機が降下するにつれて体内の圧力を合わせることができます。

風邪で鼻が詰まっている時は、耳や鼻に不快感を感じる可能性が非常に高くなります。病気のときは旅行の延期を検討するか、かかりつけの医療機関に相談してください。鼻詰まりを緩和する薬が役に立つこともあります。

飲食

体を動かしていないときは消化が遅くなるため、食事を軽めにすることでフライトをより快適にすることができます。アルコール、あるいはコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物を取りすぎないことも有効です。これらの飲み物には利尿作用があり、トイレに行く必要が増えるためです。代わりにジュースや水を頻繁に飲んで、適切な水分補給を心掛けましょう。

機内での軽い運動

長時間のフライト中やその後を元気に過ごすために、座席でできる次の軽い体操を数時間おきにお試しください。この体操は、機内誌にも掲載されています。

  • 足回し: 片足につき20回ずつ、足首の部分で足を回転させます。
  • お尻の持ち上げ: 片方のお尻を座席から持ち上げて、そちらの筋肉を引き締めます。そのまま5つ数えてください。片方につき5回ずつ繰り返します。
  • 膝を押す: 膝とももを一緒に押して、お尻の筋肉を引き締めます。そのまま5つ数えてください。それを5回繰り返します。
  • 腰を押す: 腰のくびれた部分を座席の背もたれに押し付けて、肩が前に出るようにします。反対に、肩を背もたれに押し付けます。それを5回繰り返します。
  • 肩回し: 腕を横にしたまま、肩を前と後ろに10回ずつ回します。
  • 頭回し: 頭をゆっくりと回します。次に、反対方向に同じように回します。それを10回繰り返します。
  • 足を押す: かかとを持ち上げて、つま先を床に押し付けます。次に、つま先を持ち上げて、かかとを床に押し付けます。片足につき10回ずつ繰り返します。

乗り物酔い

乗り物酔いは、体の平衡感覚と目で見ているものが合わないために起こるもので、乱気流のときにひどくなることがあります。乗り物酔いにかかりやすい方は、次の対策をお勧めします。

  • 翼の上の窓際のお座席をご要望ください。
  • フライト前およびフライト中はアルコールを控えてください。
  • フライト前およびフライト中に十分な水を飲んで脱水症状にならないようにしてください。
  • 食事の量は少なめにして、刺激のある食べ物は避けてください。
  • 緩めで快適な、風通しの良い服を着用してください。
  • 天気が良いときは、視点を地上、海、地平線に固定します。
  • 何らかの作業に集中し、脳の活発な活動を維持します(ただし、読書については、症状が悪くなる傾向がある場合は避けてください)。
  • 座席に着いたらエチケット袋を探して、手元に置いておきましょう。
  • 適切な薬の服用について、主治医に相談してください。市販薬にもよく効く種類がたくさんあります。

機内の空気環境

エミレーツの最新鋭の航空機は静かで快適で、良好な換気レベルが保たれています。機内の空気が入れ替わる速さは、オフィスビルや列車よりも優れていることが分かっています。これは病院の手術室に匹敵します。

さらに、エミレーツはすべてのフライトが禁煙ですので、空気中の汚染物質のレベルは、多くの都市の通りや建物内に比べて非常に低くなっています。空中のあらゆる塵、ウイルス、真菌、バクテリアを99.997%除去する超微細フィルター(HEPA)を通して、新鮮な空気が再生空気に常時追加されています。

ただし、客室内の空気は湿度が低いため、肌や鼻、喉、目が乾燥しやすくなります。乾燥を最小限に抑えるには、次の対策が有効です。

  • アルコールやカフェインが含まれる飲み物は避けてください。
  • フライト中は、コンタクトレンズを外し眼鏡をかけてください。
  • 肌を潤すためにローションをご使用ください。

機内での医療支援

エミレーツの客室乗務員は、機内で医療の緊急事態が起きた時に備えて応急処置の訓練を受けています。

機内には、客室乗務員が使用するための包括的なメディカル・キットと除細動器が設置されています。

一部のフライトでは、最新の遠隔測定装置が積み込まれているため、地上の医療スタッフが飛行中の患者を診断することが可能です。ただし、地上で必要となる医療措置の費用はお客様のご負担となります。そのため、包括的な旅行保険への加入を強くお勧めします。

深部静脈血栓症(DVT)

深部静脈血栓症(DVT)は、下肢に血栓が形成されたときに起こります。血栓が剥がれて肺に到達すると、危険な状況となります。DVTの最大の危険因子は動かないことであり、車やバス、列車、飛行機で旅行した後や、映画館で座っていた後でも起きる可能性があります。

実際には、世界保健機構(WHO)による国際報告書(WRIGHTレポート)で、健康な旅行者が飛行機に乗ることで生じる危険が、他の交通手段で同じ時間動かないでいることと比較して増加することはないことが分かっています。快適な空の旅を楽しみ、DVT発症のリスクを抑えるために、次の一般的なアドバイスに従ってください。

  • 緩めで快適な服を着用してください。
  • 手荷物は、前のお座席の下ではなく頭上の荷物入れに収納してください。足を伸ばして、定期的に足と足首の運動ができるようになります。
  • DVT発症では動かないことが最も大きな危険因子であるため、ご紹介した座席でできる体操をお勧めします。安全であれば、2~3時間ごとに客室内を歩くこともお勧めです。
  • 定期的にジュースや水を飲んで、十分な水分補給を行ってください。アルコールやカフェインが含まれる飲み物は避けてください。

他の人に比べてDVTを発症しやすい人がいます。現在分かっているDVTに関連する危険因子は以下のとおりです。

  • 40歳以上
  • 最近、大きな外科手術またはけがをした(特に、下肢または腹部に影響するもの)
  • 最近、1日以上動かない状態が続いた
  • 本人または家族にDVTの既往歴がある
  • 血液凝固障害である
  • 何らかの形で心臓病を患っている
  • 悪性疾患の既往歴がある、または現在かかっている
  • 経口避妊薬およびホルモン補充療法などのホルモン療法を行っている
  • 妊娠中
  • 喫煙
  • 肥満
  • 静脈瘤

上記のいずれかの危険因子がある場合は、ご出発前に主治医に相談して、次の医学的な予防策を取ってください。

  • 塞栓防止ストッキングやフライトソックスを使用する
  • フライト前に抗凝固薬の服用、またはその他の予防策を講じる