アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

ドバイに渡航される観光客のお客様

ご予約前に

ビザの申請が必要かご確認ください。特定の国籍の方は、ご到着時にビザをご申請いただけます。もしくは、渡航前にドバイ移民局で事前観光ビザを申請することが可能です。

南アフリカおよびナイジェリアから渡航される場合の規定

ドバイへのご渡航前14日間に南アフリカまたはナイジェリアに滞在、またはこれらの国でお乗り継ぎをされたご搭乗者は、ドバイへの入国やドバイでのお乗り継ぎができません。これは、アラブ首長国連邦に帰国するアラブ首長国連邦の国民、および外交使節団の職員には適用されません。ナイジェリアから渡航される外交使節団員は、ナイジェリア国内の公認検査機関の発行する新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査の陰性証明書を提示する必要があります。

インド、スリランカ、パキスタン、およびバングラデシュから渡航される場合の規定

ドバイへの入国を許可されるのは、外交使節団の団員、アラブ首長国連邦のゴールデン・ビザ保持者、アラブ首長国連邦国民、関係当局より免除を受けた、もしくはアラブ首長国連邦への入国を許可されたご搭乗者、新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査の有効な証明書を保有するビジネス目的のご搭乗者に限定されます。

渡航規制が免除されたご搭乗者は以下に従っていただく必要があります。

  • 出発予定時刻前48時間以内に検体採取が行われた新型コロナウイルス(COVID-19)検査の有効な証明書を携行いただく必要があります。
  • 報告書原本にリンクするQRコードを発行できる、認定を受けた検査施設による新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査報告書のみが認められます。
  • ご搭乗者は、ドバイ到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査を受け、その後、隔離期間の4日目と8日目に2回のPCR検査を受ける必要があります。
  • 到着時から開始する10日間の自宅またはホテル隔離についての補償文書に署名いただく必要があります。
  • ドバイ空港到着時にDXB COVID-19アプリをダウンロードし、必要な情報をすべて提供いただく必要があります。

過去14日間にインド、スリランカ、パキスタン、バングラデシュから渡航された、またはこれらの国を経由されたご搭乗者は、出発地にかかわらずドバイへの渡航またはドバイでのお乗り継ぎは認められません。ただし、アラブ首長国連邦国民が帰国する場合を除きます。

ベトナムから渡航される場合の規定

アラブ首長国連邦からの指示に従い、2021年6月5日午後11時59分(ドバイ時間)より当面の間、エミレーツによるベトナム(ハノイおよびホーチミンシティ)からドバイへの旅客輸送は一時的に停止されます。

ドバイへの渡航が許可されるのは、以下のカテゴリーに該当するご搭乗者のみです。

  • アラブ首長国連邦国民およびアラブ首長国連邦国民の一等親血縁者がベトナムから到着する場合
  • 両国の外交使節団の団員
  • アラブ首長国連邦のゴールデン・ビザおよびシルバー・ビザの保有者
  • 関係当局より、免除を受け、かつ(または)アラブ首長国連邦への入国許可を与えられた公務員および渡航者
  • 世界保健機構(WHO)が承認した新型コロナウイルス(COVID-19)(SARS Cov 2コロナウイルス)ワクチンの接種が完了してから28日経過したご搭乗者

ウガンダから渡航される場合の規定

2021年6月12日より当面の間、エミレーツ航空はウガンダからドバイへの旅客輸送を停止します。ドバイへの渡航が許可されるのは、以下のカテゴリーに該当するご搭乗者のみです。

  • エンテベ - EBB(ウガンダ)から到着するアラブ首長国連邦国民とその1親等の親族。
  • 両国の外交使節団の団員。
  • アラブ首長国連邦のゴールデン・ビザおよびシルバー・ビザの保有者。
  • 関係当局より、免除を受け、かつ(または)アラブ首長国連邦への入国許可を与えられた公務員および渡航者。

ザンビアから渡航される場合の規定

2021年6月11日より当面の間、エミレーツ航空はザンビアからドバイへの旅客輸送を停止します。ドバイへの渡航が許可されるのは、以下のカテゴリーに該当するご搭乗者のみです。

  • ルサカ - LUN(ザンビア)から到着するアラブ首長国連邦国民とその1親等の親族。
  • 両国の外交使節団の団員。
  • アラブ首長国連邦のゴールデン・ビザおよびシルバー・ビザの保有者。
  • 関係当局より、免除を受け、かつ(または)アラブ首長国連邦への入国許可を与えられた公務員および渡航者。

ご出発の前に

渡航前にお客様の居住国で特別な渡航条件が適用される場合がございます。「旅行の条件」のページで情報をご確認ください。

ドバイに到着するすべてのご搭乗者の要件

ドバイに渡航するすべてのご搭乗者は、いかなる出発地(GCC諸国を含む)からのご出発であっても、出発前72時間以内に受診した新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査の陰性証明書を携行いただく必要があります。ただし、インド、スリランカ、バングラデシュ、パキスタンからの渡航を除きます(これらの国についての特定の要件は上記に記載しています)。インドからの渡航要件に関しては、下記をご覧ください。

この証明書はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の証明書である必要があります。ドバイでは、抗体検査や自宅検査キットによる検査など、その他の検査結果の診断書は受け付けられません。印刷された正規の証明書(英語またはアラビア語)をチェックイン時に必ずご持参ください。SMSや電子証明書は受け付けられません。その他の言語でのPCR検査証明書は、出発地で有効なものであれば認められます。

次の国から到着されるご搭乗者には、確認のため、報告書原本にリンクするQRコードが掲載された新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査報告書が義務付けられています。このQRコードは、チェックインの際、また、ドバイ空港到着の際にはドバイ保健局(DHA)の代理人に提示いただく必要があります。インド、スーダン、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、およびレバノン。(5月9日以降)エジプトおよびエチオピア。

到着時の検査

以下の国からドバイに到着されるご搭乗者は、ドバイ国際空港に到着後、再度新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を受けていただく必要があります。

アフガニスタン、アルゼンチン、アンゴラ、イスラエル、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、エジプト、エチオピア、エリトリア、オマーン、カタール、ガーナ、カンボジア、ギニア、キプロス、クウェート、クロアチア、ケニア、コートジボワール、ジブチ、ジョージア、シリア、ジンバブエ、スーダン、スロバキア、セネガル、ソマリア、ソマリランド、タジキスタン、タンザニア、チェコ、チュニジア、チリ、トルクメニスタン、トルコ、ナイジェリア、ネパール、パキスタン、バーレーン、バングラデシュ、ハンガリー、フィリピン、ブラジル、ベトナム、ポーランド、マルタ、南スーダン、ミャンマー、モロッコ、モルドバ、モンテネグロ、ヨルダン、ルーマニア、ルワンダ、レバノン、ロシア。

ドバイでのお乗り継ぎ

以下の国を出発してドバイでお乗り継ぎになるご搭乗者は、ご出発前72時間以内に受診された新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査の陰性結果を示す証明書をご提示いただくとともに、最終到着地で義務付けられているすべての要件に従っていただく必要があります。

アフガニスタン、アルゼンチン、アンゴラ、イスラエル、イラク、イラン、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、エジプト、エチオピア、エリトリア、オマーン、カタール、ガーナ、カンボジア、ギニア、キプロス、クウェート、クロアチア、ケニア、コートジボワール、ジブチ、ジョージア、シリア、ジンバブエ、スーダン、スロバキア、セネガル、ソマリア、ソマリランド、タジキスタン、タンザニア、チェコ、チュニジア、チリ、トルクメニスタン、トルコ、ナイジェリア、ネパール、バーレーン、ハンガリー、フィリピン、ブラジル、ベトナム、ポーランド、マルタ、南スーダン、ミャンマー、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、ヨルダン、ルーマニア、ルワンダ、レバノン、ロシア。

この証明書はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の証明書である必要があります。ドバイでは、抗体検査や自宅検査キットによる検査など、その他の検査結果の診断書は受け付けられません。印刷された正規の証明書(英語またはアラビア語)をチェックイン時に必ずご持参ください。SMSや電子証明書は受け付けられません。最終目的地で必要とされている他言語のPCR証明書は、出発地の当局によって有効性が確認されている場合のみ認められます。

その他の国を出発してドバイでお乗り継ぎになる場合、最終目的地で必要とされていない限り、新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査の受診の必要はありません。


検査の例外:

  • アラブ首長国連邦の国民は、ドバイへご出発前の新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査が免除されます。ドバイへのご到着時に検査を受診いただきます。
  • 12歳未満のお子様、および中度から重度の障害をお持ちのご搭乗者は、新型コロナウイルス(COVID‑19)PCR検査が免除されます。
    • 中度から重度の障害には、神経障害および知的障害または発達障害を含みます。例:アルツハイマー病、運動失調症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、急性脊髄損傷、自閉スペクトラム症、ダウン症候群、てんかん・痙攣、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳性まひ、ベルまひ
    • その他のご搭乗者(視覚、聴覚または身体に障害をお持ちのご搭乗者を含む)は、要件のとおり、新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査の陰性証明書をお持ちいただく必要があります。
  • お客様の出発国および最終目的地で特別な検査の免除規定がある場合があります。渡航前に要件をご確認ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)検査機関:

  • アラブ首長国連邦政府より指定検査機関が指定されています。リスト中の認定検査機関および出発国で信頼された認定検査機関で、新型コロナウイルス(COVID-19)検査を受診いただけます。
  • インド、パキスタン、ナイジェリアまたはバングラデシュから渡航される場合、搭乗許可を受けるには指定検査機関のリストに記載されているいずれかの検査機関が発行した証明書が必要になります。

到着時

  • ご到着後に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を再受診いただく必要がある場合がございます。空港で検査を受診される場合、検査結果を受け取るまでの間、宿泊施設またはその他の宿泊先で待機いただく必要があります。
  • 検査結果が陽性である場合、検疫にご協力いただき、ドバイ保険局のガイドラインに従っていただく必要があります。
  • また、COVID-19 – DXB Smartアプリを必ずダウンロードいただきます( iOS-Android)。

ドバイから出発される観光客のお客様

新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査は、渡航先の国で義務付けられている場合のみ受診いただく必要があります。

アムステルダムおよびコペンハーゲン行きのフライトのドバイ国際空港での新型コロナウイルス(COVID-19)迅速検査

アムステルダムおよびコペンハーゲンに渡航されるすべてのご搭乗者は、ご渡航前に新型コロナウイルス(COVID-19)検査の陰性証明書が必要です。この検査はドバイ国際空港の以下の場所で受けていただく必要があります。

  • エミレーツターミナル3出発エリア内、チェックインの熱スキャナーの手前、Costaの隣
  • 例外:
    • コペンハーゲンに向かう乗り継ぎのご搭乗者は、ドバイ国際空港での新型コロナウイルス(COVID-19)迅速検査が免除されますが、出発地からの出発予定時刻前48時間以内に受けた新型コロナウイルス(COVID-19)の有効な陰性検査証明書が必要となります。PCR検査および抗原検査の結果が認められます。

2021年2月14日より、ドバイ国際空港施設での新型コロナウイルス(COVID-19)迅速検査には150ディルハムと税額分がかかります。

ドバイをご出発になる場合は、出発時刻より4時間以上前に空港にお越しになり、まず検査施設に向かわれることをお勧めします。

エミレーツ航空ご搭乗者向け新型コロナウイルス(COVID-19)特別検査料の対象機関をさらに拡大

エミレーツ航空は提携医療機関の数を拡大し、次のセンターですべてのお客様に自宅またはオフィスで受診いただける新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査料を提供しています:

Al Tadawi Medical Centre

  • Al Masood building, Airport Road, Port Saeed area, Deiraにあります。
  • 検査料はお1人様当たり130ディルハムです。ドバイ市内のご自宅またはオフィスでの検査はお1人様当たり240ディルハムでご利用いただけます。検査結果は24時間以内にお届けします。

主な医療センター

ドバイ国内:

  • Al Qusais Branch, Damascus Street
  • Premier Diagnostic and Medical Center, Salah Al Din Street 
  • Prime Corp Medical Center, Salah Al Din Street, Deira
  • Sheikh Zayed Branch, Sheikh Zayed Street, near Noor Islamic Bank
  • Prime Specialist Medical Center Sharjah Branch, King Faisal St, Al Majaz
  • Ajman Branch, Grand Mall, Sheikh Khalifa St

検査料はお1人様当たり150ディルハムです。ドバイ市内のご自宅またはオフィスでの検査もご搭乗者お2人様から、お1人様当たり240ディルハムでご利用いただけます。検査結果は24時間以内にお届けします。

ドバイからアブダビへのご旅行

アブダビへの陸路による旅行は厳しい規則の適用を受けます。アブダビへの入国を希望される場合、48時間以内に発行された新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査の陰性結果か24時間以内に発行されたDPI検査の陰性結果をお持ちいただく必要があります。アブダビへのご到着日を1日目として計算します。

到着便のご搭乗者

アブダビへの渡航を予定されているご搭乗者は、すべてのアブダビ国境で実施されている次のプロトコルに従っていただく必要があります。これらのプロトコルにより、移動時間が影響を受ける場合があります。

アブダビ当局は、旅行者およびアラブ首長国連邦の国民または居住者であるワクチン接種済みの渡航者に対し、義務である新型コロナウイルス(COVID-19)検査および自宅隔離の要件に関する規則を改定しました。

  • 安全国から到着されるワクチン接種済みの旅行者の場合、隔離の必要はありませんが、到着時と6日目に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を受診いただく必要があります。
  • 安全国以外から到着されるワクチン接種済みの旅行者の場合、到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を受診して5日間の隔離を行い、4日目に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を再度受診いただく必要があります。
  • 濃厚接触者とされるワクチン接種済みの旅行者の場合、到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を受診して5日間の隔離を行い、4日目に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を再度受診いただく必要があります。
  • 安全国から到着されるワクチン未接種の旅行者の場合、到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査受診し、その後の隔離の必要はなく、6日目に再度新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を再度受診いただく必要があります。滞在が延長した場合には、12日目にも追加で検査が必要です。
  • 安全国以外から到着されるワクチン未接種の旅行者の場合、到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を受診して10日間の隔離を行い、8日目に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を再度受診いただく必要があります。
  • 濃厚接触者とされるワクチン未接種の旅行者の場合、到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を受診して10日間の隔離を行い、8日目に新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査を再度受診いただく必要があります。

安全国リストはこちらからご確認いただけます。

上記の検査は法律により受診が義務付けられています。アブダビに入国する前にドバイの検査機関をご確認ください。

フライトの運航再開

コロナウイルスによるフライトと旅行の制限は世界中の多くの国で実施されています。エミレーツでは状況の経過を具に監視しており、状況が改善し次第、サービスを再開できるよう目指しています。これには、政府からの承認の取り付け、渡航制限の緩和、商業的な要求が含まれます。可能となり次第、サービスの再開をお知らせいたします。エミレーツが往復便を運航中の目的地をご確認ください

現在のフライトの検索と予約
現在の就航都市とサービスをご確認ください。安心してご旅行ください。フライトのご購入時にマルチリスク旅行保険をご利用いただけます。