アクセシビリティ情報メインコンテンツにスキップ

エミレーツの野球スポンサーシップ

他にはないリーグのパートナーシップ

2016年以来、エミレーツは数百万人のファンとともに、シーズン毎に野球の新境地を切り開くロサンゼルス・ドジャースを応援しています。

ロサンゼルス・ドジャース

2016年、エミレーツ航空はロサンゼルス・ドジャースの公式航空会社になりました。世界屈指の最も有名な野球チームとして広く知られるロサンゼルス・ドジャースは、ワールドシリーズ6回、ナショナルリーグ23回の優勝歴があります。同チームはまた、7シーズン連続でナショナルリーグ西地区優勝を飾りました。 ロサンゼルス・ドジャースはロサンゼルスの中心にある象徴的なドジャース・スタジアムを本拠地としています。

2016年に契約を結ぶ際に当時のエミレーツ航空社長ティム・クラーク卿は次のように言いました。「勝利、競争、公正なプレイの精神は野球本来のものであり、エミレーツの特徴でもあります。当社は、ロサンゼルス・ドジャースとの長年に及ぶパートナーシップを通じてチームを支援し、ファンとの懸け橋となることを楽しみにしています。これは米国における初のメジャーリーグチームとのスポンサー支援である点で画期的なパートナーシップであり、だからこそ私たちは球界に止まらずスポーツや文化の世界におけるリーダーを擁する革新的で先進的な組織であるロサンゼルス・ドジャースの公式航空会社であることを誇りとしています。現在エミレーツはロサンゼルス・ドジャースとのパートナシップにより、スポーツの支援と人と場所をつなぐ世界的ネットワークを通じてファンを一つに結び付け、野球への情熱を分かち合う機会を提供することで、アメリカ、とりわけカリフォルニアへの貢献を継続的に示しています。」