Japan (Japanese)United States (English)のどちらの国や言語のemirates.comサイトを表示しますか。 すべての国と言語を表示する。
[ 日本語 ]English
重要な内容までスキップする

ご旅行の計画

ご旅行の計画

冬期は気温も穏やかでショッピングに最適です

6月から9月にかけての夏期は厳しい暑さとなり、湿度も時として90%を超えることがあります。それでも多くの人々が夏期にドバイを訪れます。その魅力は、多くのホテルで宿泊料が相対的に大幅に値下げされることと、サマー・サプライズ・ショッピングフェスティバルなどで大きなセールが行われたりするためです。

10月から4月は最適な気候となり、摂氏20度過ぎから30度前半という快適な気温がドバイを訪れる大抵の人を魅了する時期です。

1月と2月に開催されるドバイ・ショッピング・フェスティバルはとても人気があり、ホテルが満室になることもよくあります。そのため、この時期にドバイを訪れようとする場合はかなり前から予約を入れる必要があります。冬期には、ドバイ国際映画祭、アート・ドバイ、ラグビー・セブンスなど、野外の気温が最適な時期であることを有効に利用したさまざまなイベントをお楽しみいただくこともできます。

ラマダン(断食月)中のドバイの訪問

イスラム教徒が夜明けから日暮れまで断食をする聖なるラマダンの月は、街にも大きな影響を与えます。ラマダンの月はイスラム教の太陰暦によって決まるため、グレゴリオ暦での日付は年ごとに異なります。これにより、ラマダンの日付は毎年約11日ずつ前にずれます。したがって、ラマダンの時期をあらかじめ確認し、訪問を計画する際に考慮できるようにすることをお勧めします。

ラマダン中は、ドバイを訪れるすべての人が、自分の宗教にかかわらず、訪問期間全体を通じて公共の場での飲食を控えるなどの配慮が必要があります。禁じられるのは飲食だけでなく、喫煙も含まれます。ドバイの訪問がラマダンと重なる場合は、食料はもちろん水でさえ昼間は手に入りにくいことを覚えておいてください。ただし、ライセンスのあるレストランの多くでは、19:00以降はアルコールを提供しています。

イスラム教徒ではない人がドバイを訪れた場合、ラマダンは変わった経験となるかもしれませんが、この地域の文化を街の中で真に感じられる機会でもあります。イフタール(断食明けの食事)は、それ自体が1つの経験です。お祝いは日没の断食明けから始まり、一晩中続くこともあります。イフタールのテントは、ラマダン中はお祝いのために毎晩オープンします。ドバイの各ホテルでは、この時期に豪勢なイフタールの祝宴を提供します。

お祝いには誰でも参加でき、中東特有のごちそうやお茶から、アラブ音楽まで経験することができます。運がよければ、ウードの生演奏に出くわして、アラブの伝統である柔らかな音色を発見できるかもしれません。

スペシャルオファー  メール購読申込