Japan (Japanese)United States (English)のどちらの国や言語のemirates.comサイトを表示しますか。 すべての国と言語を表示する。
[ 日本語 ]English
重要な内容までスキップする

エミレーツの歴史

エミレーツの歴史

エミレーツ航空 - グローバル・ネットワークの構築

1985年10月25日、エミレーツは、リースされた僅か2機の機材、ボーイング737型機とエアバスA300-B4型機でドバイから最初の路線を開設いたしました。今日、当社が最終的に目指すところは規模ではなく、品質向上です。地域の小さな航空会社として設立以来、数年で、エミレーツは旅行サービスも含めた世界で航空・旅行産業に影響力のある複合企業にまで発展いたしました。当社は、ビジネスのあらゆる点で品質を最高水準ででお届けすることにおいて世界中に知られています。

ドバイ政府が完全にオーナーではありますが、エミレーツは保護政策による事なく、自由競争によって成長してまいりました。ドバイ政府のオープンスカイ政策を活用し、増加してきた他の国際航空会社と競争することで、規模と現在の地位を獲得してきたのです。当社はこの政策を支持するだけでなく、各社の独自性と競争力を保つために不可欠なものと考えております。新規事業創設への出資後は、ドバイ政府が適切にエミレーツを完全独立企業とみなして扱ったことが当社の現在の繁栄につながっています。当社は、設立3年目以来、年間利益を継続して計上しています。

爆発的な成長が続く中にあっても、業界において最高のサービスを提供する努力をし続けることこそが、エミレーツの成功の秘訣です。当社の事業は以下に及んでいます:

  • 受賞歴を誇る国際航空貨物部門
  • 観光産業などのデスティネーション管理部門とレジャー部門
  • 航空産業にかかわるIT開発部門

Inaugural Flight
エミレーツ就航フライト

より多くの航空機をより多くの目的地へ就航させることを目指して

当社は220機以上を所有し、現在、世界中80カ国以上、140以上の就航都市に向けて路線を展開しており、ネットワークは拡大の一途をたどっています。毎週1,500便以上のエミレーツ便が、ドバイから6大陸の各目的地へと出発しています。エミレーツは既に最新鋭の機体を保有しておりますが、さらに将来に向けて数々の大規模な導入計画の発表を続けています。

2001年には、エミレーツは航空史上で最大の、150億米ドルにも及ぶ発注を発表し、航空業界の将来の成長への自信を証明しました。エアバスとボーイング社の58機もの機体を発注し、急速に拡大しつつあるエミレーツの機材に加わることになったのです。

2005年には、エミレーツはボーイング777型機を42機発注いたしました。これは、過去最大の発注で、357億ディルハム(97億米ドル)相当に達します。

2006年、ファーンボロ航空ショーにて、エミレーツは、GEのGEnxジェットエンジンが搭載された、10機のボーイング新型747-8F 航空機を33億米ドルで購入することを、トップ同士の合意によって契約しました。

2007年11月、ドバイ航空ショーにて、エミレーツは、120機のエアバスA350、11機のA380、および 12機のボーイング777-300ERを推定価格およそ349億米ドルで購入する契約を結んだと、民間航空市場において歴史的な契約を発表しました。エアバスに関するこの契約においての発注機材数は、50機のA350-900、20機のA350-1000、さらにA350-900に対する50機のオプション契約でした。第一番目のA350は、2015年にエミレーツへ納品される予定です。2010年に、戦略的成長計画に沿って、エミレーツは大幅に新しい航空機の発注を増加しました。 6月のベルリン航空ショーにて、エミレーツ航空は、追加で32機のエアバスA380型機を、また7月のファーンボロ航空ショーにて、30機以上のボーイング777-300ER型機の発注を発表いたしました。総額はおよそ134億米ドルになります。

現在エアバスA380とボーイング777型機のそれぞれの機材の保有機数において、当社は世界で最大数を保有する航空会社です。

エミレーツのオーダーは、2014年6月の時点で、300機、約1,380億米ドルに値する総額価格となっています。世界中の民間航空のなかで、最も若く、そして最新鋭機体をすでに所有していること、この将来への約束は当社の目標を反映しており、ドバイを総合的でかつグローバルな、また、長距離航空のハブとして育てていきます。

2013年/2014年の会計年度において、エミレーツは4,450万人のお客様のご利用をいただき、および225万トンの貨物を輸送いたしました。当社は、拡大を続けるネットワーク全体でさらに多くのお客様や貨物をご案内できることと、明るい将来を確信しております。