表示するemirates.comの国と言語: Japan (Japanese)またはUnited States (English)すべての国や言語を表示。
[ 日本語 ]English
重要な内容までスキップする

エミレーツ・グループの姿勢


変革に向けての取り組み

  • 航空機産業は、世界で最も重要な経済的、社会的促進を促す産業の1つであり、世界中で3200万人を雇用しています。
  • 当社のお客様や従業員、そして各国政府は、環境および排ガス問題について、さらに強い関心を持っています。
  • 責任ある会社として、当社は差別化変化をもたらしたい、そして変化をもたらすことが出来ると考えています。
  • しかしながら、全世界のCO2排出量のうち航空機産業が占める割合は、わずか2%です。当社が積極的に先進技術を採用しても、世界規模では対応策のほんの一部分にしか過ぎません。今後の排出量増加を見込んだ場合、航空機産業が占める排ガスの割合は、2050年までに全体の3%程度と予測されています。詳細は、flyingmatters.orgをご覧ください。
  • 当社の焦点は、いかに環境効率のよい組織を実現するかということです。これは、資源の削減と廃棄物や公害の抑制を試みながら事業成長を図るという概念に基づいています。これらの目標を達成することは、お客様、環境問題、そして事業の成功を収めることを意味します。
  • エミレーツ航空は、世界で最も環境効率のよい航空機の選定と運用を行い、空の上と地上におけるグループ全体を通して環境効率を推進し、環境効率のよい地域のリーダーになることを宣言します。
  • エミレーツ航空は、航空業界における4つの戦略の支援と導入を図り、排ガスを削減します。詳細は、enviro.aeroをご覧ください。
  • このことはグループ全体で新たな技術を導入するということでもあります。数十億ドルを投入して最新航空機を購入し、燃料および排ガスを削減した航空ナビゲーションの実現に向けて、政府を奨励します。そして、地上および組織運営の更なる効率化を図ります。
  • 乗客1名あたりの燃料の使用および排ガスのさらなる削減を実現します。(航空業界において、乗客1名あたりの燃料および排ガス最小限に抑えます)。
  • その他、従業員教育、廃棄物削減とリサイクル処理、エネルギー消費の削減、コミュニケーションの改善を目標としています。
  • エミレーツ・グループは、ドバイ砂漠保護区の支援、そして世界で最も地球に優しいといわれる保養地の設置(2箇所)など、さらに活動を推進し、革新し続けてまいります。
環境面を今一度考慮してからご印刷ください。